スネの湿疹は骨の負担を疑う

湿疹ができる理由は部分の問題と全体の反応とに分けることができます。皮膚そのものであれば、スキンケアや薬の使用で良くなっていきます。しかし、それだけで変わらない場合は、体の中の調節が必要になります。今回はスネの痒みを例に考察していきます。

脛に負担がかかる姿勢

体の弱い組織や負担のかかる部位に症状が起こりやすいです。脛に湿疹が出る場合は、筋肉ある部分と骨に分けて負担が母kっている部分を分けて考えます。

前方重心は骨の負担

重心が前に偏っていると、スネの骨に負担がかかりやすいです。その場合は、脛に沿って四肢sんが出ていることがあります。

膝が伸びてないは脛で支えている

膝が伸びていない場合は、スネの筋肉で体を支えていることもあります。そんな時は膝が伸びるように意識してみると良いです

足首が不安定は指の負担

足首が不安定だと、足首をスネの筋肉で固めたりします。また、スネだけでなく指を剃らせたりして足首を固定しようとすることもあります。

姿勢の問題でスネ周囲に負担がかかり強張りや痒みが起こります。それではこのような姿勢の崩れはどうして起こったのでしょうか。負担がかかった問題を深掘りしてみましょう。

筋肉の負担は内臓と踏ん張り

筋肉が硬くなるのは姿勢を支えるために起こりやすいです。このような姿勢の崩れは、癖の場合と内臓の負担で起こることが多いです。

体を支える負担がかかる

前に傾く姿勢が癖になっていると脛の筋肉に硬さが出ます。普段の靴や身を置く環境でもこの脛は硬くなりやすいです。

胃腸の影響は脛に表れる

胃腸に問題があるとスネの筋肉が硬くなることがあります。内臓下垂で前方重心になる場合は、前屈みの姿勢になります。それだけでなく、経絡の繋がりでもこの脛に反応が出ることもあります。

骨の負担は不安定と背中のこり

脛で骨に湿疹が出ている場合は、姿勢不良が多いです。

骨格で支えられていない

足から頭までがバランスよく姿勢を作れていれば、いつずつの骨にかかる負担は少ないです。しかし、重心の位置やバランスが崩れている場合は、一番負担がかかっている部分に症状が起こりやすいです。

足だけで体を支えている

上半身と下半身のバランスが崩れている場合もスネの骨に負担がかかることがあります。そんな時は脛を押すと痛みが出やすいです。

試してみるべきケア

上記のような筋肉や骨への負担が症状を起こしやすいです。そんな負担のかかった部分におすすめのケアをご紹介いたします。

  1. 片足立ちで保つ
  2. 足首を柔らかく
  3. 壁に背中をつけて呼吸

まずは、片足でバランスをとる訓練をしてみましょう。それだけでも、上半身と下半身とで負担を分散しようとします。また、足首をぐるぐる回すケアも有効です。固まっても緩くても脛に負担がかかります。足首をぐるぐる回すことで意識が向かい安定しよう働きます。最後に、前方重心の場合は、まっすぐの間隔を戻すと良いです。おすすめは、壁に背中をつけて呼吸をしてみましょう。姿勢を作り呼吸をすることで体の重心や筋肉の緊張を整えることができます。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

スネの骨や筋肉は姿勢や内臓の問題で症状が起こりやすいです。起きた問題に対しては、緊張を整えることで負担を減らすことができます。湿疹や痒みがある場合は、皮膚へのケアと並行して、重心や内臓なども遠tの得ていただければ、繰り返すことなくよくすることができます。ぜひ、試してみてくださいませ。

すねがかゆいについて詳しくはこちら

すねがかゆい

この記事に関する関連記事