帰宅して服を脱いだら足がかゆい

d53b3e758bd5b00f7285fafbf9b508ef_s

家に帰宅して服を脱ぐ時に、いつも体が痒くなる。そんな悩みはないでしょうか?
もしかしたら、そのかゆみは自分自身の体の状態や状況によって引き起こされているかもしれません。服を脱いて痒い場合は、皮膚の問題と皮膚以外の要素があります。そんな問題が起こる理由と対策について英気治療院の取り組みを交えて解説させていただきます。

1,服を脱ぐと足が痒い原因は疲労

帰宅して着替える時にかゆみを感じる時は、その部分に日中負担がかかっていたかもしれません。足であればお尻から足にかけての疲労や緊張です。体は緊張していると、感覚が鈍くなりがちです。特に、自分自身の体の不調には鈍感になりやすいです。そのため、帰宅してリラックスできる環境にいると、体がどの程度調子が悪いのかを自覚しやすくなります。このような反応が出るので、疲労や緊張している部分に対してかゆみというサインを起こします。

疲労の溜まった部分が痒くなる

2,衣類を脱ぐと痒い理由は過敏症

  • 乾燥して空気が触れて痒い
  • 過緊張で感覚過敏を起こしている
  • 靴下などの圧迫から解放されたかゆみ

衣類を脱ぐと乾燥する

アレルゲンなどの問題がないことを前提としてお伝えします。

帰宅して衣類を脱ぐと痒くなる場合、乾燥、過敏症、結構不良の3つが主な要素として考えられます。

衣類は、マスクと同じで覆うことだけでも保湿することができます。皮膚が潤っているのは、不感蒸発という粒にならないくらいの汗を分泌しているからです。この不感蒸発を衣類で覆い、蒸発するのを防いでいます。マスクをしているだけで、口周りの乾燥を予防することができるのと同じです。ですので、汗をかきにくい、摩擦でうるおいを消耗しているなどの場合では、衣類で覆っていることによる保湿が外された時に、乾燥してかゆみを感じてしまいます。

疲労して感覚過敏で痒くなる

体の神経は痛みなどを伝えていますが、かゆみもその伝達する情報の1つです。

ですので、神経が圧迫されたり、過剰に感度が上がってしまうことで、かゆみを感じやすくなります。肉体疲労などで、体がこわばることでもこのようなかゆみやすい状態が起こってしまいます。これを感覚過敏と言います。

靴下で圧迫された後に痒い

靴下の繊維やのり、圧迫によって足が痒くなることがあります。決まった靴下の場合は、取り替えることをオススメします。皮膚の動きが悪い、結構循環が悪い場合などに起こりやすいです。

3,衣類を脱ぐ前にできる対処法

  • 湿度のある場所で着替える
  • 足を緩めてから着替える
  • アイロンなどで温めてから着替える

帰宅して着替える時に足が痒い場合は、保湿、緩める、巡りをよくする3つの方法でかゆみへ対処できます。

4,帰宅した時にかゆみを感じないための予防

  • あらかじめ撫でさすり感覚異常を気にかける
  • 足裏のコリを解消する
  • 靴下を帰宅前に変える

帰宅して着替えるとかゆみが出る状況を解消するには、着替える前にケアに取り組むことで実践できます。

主に、撫で摩りこのままではかゆみが出てしまうかどうかを確認します。そうすることで緊張している場合でも、いつもかゆみを感じていない時との差を感じることができます。また、違和感やこそばゆさを感じた場合は、まずは筋肉を緩めます。そうすることで感覚過敏によるかゆみを軽減することができます。

また、同じ繊維が同じ部分を常に圧迫してもかゆみは起こりやすいです。その場合は、靴下そのものを帰宅する時に変えてしまえば、いつも常にかゆみを感じるということは無くなります。

5,英気治療院の方針

  • 体の筋肉を緩めて過緊張による感覚過敏を解消する
  • 巡りを促し自律神経の働きを正常化させる

かゆみが菌の感染やアレルゲンによる炎症であれば、薬を使用することが一番効果的です。

しかし、薬を塗っても繰り返す、ぶり返す場合は、その限りではありません。また、塗っても緊張しすぎる場合は、効果をなかなか実感できないこともあります。そその場合は、緊張が強い時になりやすいです。

このような状態において、自律神経の働きを整えることが有効です。過緊張を解消することで、かゆみにくい体にすることも可能です。

6,この記事のまとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

帰宅して着替える時に足が痒くなる原因は、肉体疲労によることが多いです。薬を塗っても飲んでも、その場しのぎで繰り返す場合には、筋肉や神経に負担がかかっていないかを確認されてみてくださいませ。