アトピーとは

アトピーとは

アトピーとは

アトピーの定義

アトピーとは悪化と寛解を繰り返す慢性的な皮膚に起こる湿疹と定義されています。この定義だけでは、幅が広すぎるために、病気の状態が見えにくいことが問題になります。
アトピー性皮膚炎は、昔は子供の病気と言われてきましたが、現在では大人になってから発症する方も増えてきました。

この様なよくわからない病気なので、アトピーはなかなか治りにくいという認識をもたれています。

アトピーの定義

アトピーの症状

アトピーの症状は、湿疹や痒み以外にも多くの症状が混在しています。

一言でアトピーと話しても症状の出方や症状そのものが一様でないので、対処や対策は個別に異なるのです。

アトピーに良いと言われるケアであっても個人差が出るのは、その症状の起こり方や症状そのものが一定でないためです。

アトピーの症状

アトピーとはアレルギー性皮膚炎

アトピーを大きな括りでまとめると、アレルギー性皮膚炎とくくることができます。

昔は子供の病気で大人になると治る。年齢と共にアレルギー症状の出る部分が変わり、喘息や花粉症なの移りゆくさまをアレルギーマーチと言っていました。

この様に、ますはアレルギー症状に起こるものと認識を改めることで、行うべき対処にも優先順位をつけることは可能です。

まず初めにすべきこと

アトピーで初めにすべきこと

アトピーで初めにすべきことは、アレルゲンの摂取や接触を減らすことです。

アレルギーによって皮膚に炎症が起きる場合であれば、アレルゲンの摂取や摂食が炎症を引き起こした原因となるからです。

1つずつ吟味しながら計画的にケアをすることでアトピーはよくすることができます。

動画で解説