アトピーで寝れない原因と対策

アトピーで寝れない原因と対策

アトピーで寝れない理由

アトピーで寝れない理由

睡眠には日内リズムがあり、そのリズムによって睡眠が促されます。しかし、その反対に、覚醒する物質もあり、それが多いために眠りにつけなくなることがあります。その覚醒物質の1つにヒスタミンがあります。これはアレルギー反応が起きたときでも分泌されるものです。

ヒスタミンは、痒みの原因の1つであります。かゆいために覚醒するだけでなく、覚醒することでも痒みがましてしまいます。

他にも痒みは血行不良や過度な緊張でも起こります。このときにも痒くてかいて炎症を起こして、覚醒する悪循環が起こります。これを予防するには、痒みを止めるだけでなく、覚醒してしまう原因へアプローチする必要があります。

寝る前にできる対策

寝る前にできる対策

眠れないときには、睡眠ができる体の準備をすることで、眠れる様になります。

4つの方法があいr、1つは血糖値を安定させるために、タンパク質をメインの食事にしてみましょう。そうすることで、寝ている時の中途覚醒がなくなります。また、急激な血糖値の乱高下によって糖質コルチコイドやアドレナリンが分泌され、覚醒しやすくなります。血糖値の安定は、これらのホルモンの分泌を抑える効果も期待できます。

2つ目は、サプリメントの摂取です。糖質の安定だけでなく、ヒスタミン関連の分泌を抑える効果もあるサプリメントをとることで、覚醒を防ぐことができます。

3つ目は、薬の使用です。抗ヒスタミンの薬で直接ヒスタミンをブロックします。

最後の4つ目は、血液循環をよくすることです。血の巡りが悪いことで痒みや過敏症のもとになります。

アトピーで眠れない時のオススメのケア

アトピーで眠れない時のオススメのケア

アトピーで眠れないときにオススメのケアとしては、血糖値を安定させることがあります。実際の食事では、ボーンブロスというスープがオススメです。スープでは消化吸収しやすく、アミノ酸を豊富に含んでいます。

他にもビオチンのサプリメントは、ヒスタミンの放出を抑えるので、ヒスタミンが多い場合にはサプリメントの使用も有効です。それでもなかなか変化を感じられない場合は、抗ヒスタミンの薬も専門の医師や薬剤師さんと相談の上使用されると良いです。

ヒスタミン以外では、筋肉のこりや血行不良も痒みや眠りにくい原因になります。タオル越しでアイロンをかける、電気マッサージを使用するなども効果的ですので、ぜひ試してみてくださいませ。

動画で解説