お腹の痒みは年齢によって変わる

湿疹が出る原因は、年齢や習慣の違いが要素として挙げられます。薬で良くなるケースは、アレルギーや炎症など原因が明らかで一過性のものです。慢性化するときは、原因が解決していないことが多いです。今回は、年齢別の捉え方について解説させていただきます。

子供と大人の湿疹の違い

大きく分けて大人と子供とでも負担や問題が異なります。

  1. 部位の違い
  2. 原因の違い

肘や膝は発育とともに変化する

子供に多いのは肘や膝です。骨の発育とともにc丈夫になり安定すると湿疹や痒みは収まるケースがあります。

受けるストレスの違い

子供は発育発達の過程で、負担がかかりやすい部分に症状が出やすいです。また、大人の場合は、精神的なストレスや姿勢など習慣による負担が症状をひき起こることが多いです。

大人とこどもという違いでも問題は異なります。ここからは、子供や大人にかかりやすい負担の違いをみていきましょう。

子供は発育の影響を受けやすい

子供の湿疹は発育発達で不安定な部分に症状が出やすいです。

  1. お腹全体
  2. シワの部分

お腹全体は内臓の発育

お腹全体は、内臓の負担を考えます。皮膚と同じで内臓未発達の小児は、内臓に負担がかかりやすいです。例えば、離乳食が早い場合など、消化器に負担がかかると湿疹が出やすいです。

シワに出る湿疹は姿勢

シワの部分に湿疹が出やすい場合は、姿勢の問題を考えます。特にシワができる座り姿勢や抱き姿勢を気をつけましょう。汗が溜まりやすいだけでなく、血液の巡りが悪くなりがちです。そんな部分には湿疹ができやすいです。

大人は習慣の影響を受けやすい

大人の場合は、内臓や骨格が完成しています。そんな大人でも、日頃の疲労やストレスの加わるときに湿疹というサインが出やすいです。

  1. 猫背
  2. ストレス

猫背で固まる

猫背になるとお腹に負担がかかりやすいです。内臓下垂や呼吸が浅くなるなど、体が疲れやすい状態になります。短時間であれば良いですが、その姿勢が癖になると、症状が出やすいです。

ストレスでまだらに出る

ストレスの影響がお腹にくる場合は、皮膚にも湿疹としてサインが出やすいです。お腹が硬くなるだけでなく、シワや鳥肌などの皮膚の変形も起こりやすいです。

年齢によって問題の起こり方が変わってきます。そんなお腹の湿疹ですが、幾つも要素があると対処に難航しやすいです。次からは、そんな対処の順番をご案内致します。

まずすべきはスキンケア

皮膚の問題は、まずは、スキンケアから始めてみましょう。

  1. 問題を区別
  2. 皮膚の保護

皮膚だけの問題と区別する

まずは、症状を診断してもらい、適切な対処をしましょう。スキンケアや炎症を抑えるなどして。現状が悪化するのを抑えましょう。

皮膚だけの問題であれば、一過性で繰り返すこともなくなります。

摩擦を減らす

もし、皮膚が弱い場合は保護することも考えましょう。皺や変形は摩擦の影響を受けやすいです。皮膚が脆いだけで症状が出ることもよくあります。

皮膚そのものへ対処して解決すれば問題はありません。しかし、繰り返す場合は、皮膚以外にも目を向ける必要があります。

繰り返す湿疹は中から変える

皮膚の症状が繰り返す場合は、皮膚以外への対処も必要になります。

  1. 硬さ
  2. 動き

お腹の硬さを見る

お腹の硬さを確認してみましょう。もし、硬さがあれば、内臓の負担を考えましょう。太ももや腕など同じ筋肉と比較するのもわかりやすいです。

お腹の動きを見る

お腹の動きやすさも、負担がかかっているか確認する目安になります。腹式呼吸や体の曲げ伸ばしでも良いです。

ここまでで、年齢による負担の見分け方についてご案内させていただきました。

最後は改善のポイントをご紹介させていただきます、

見直すポイント

  1. 皮膚の柔らかさ
  2. 鳥肌の生む
  3. 動きや硬さ

皮膚の問題は、癖や習慣も関連してきます。ですので、皮膚を摘んでみての柔らかさを確認してみましょう。もし、つまみにくいのであれば、その部分は固まって症状が出やすいです。そんな部分は、鳥肌やシワなども起こりやすいです。

このような皮膚の変形があったときは、体の曲げ伸ばしや呼吸をして皮膚を動かしてみましょう。おすすめは腹式呼吸です。お腹を膨らませてみて動きを確認しましょう。

まとめ

お腹の湿疹は年齢によって問題が異なります。

小児は発育の問題が多いので、発育や発達の動きを観察してみましょう。また、大人はストレスや姿勢などの習慣が多いことで症状が起こりやすいです。負担を感じる時の環境を変えてみるのも1つの手立てです。

最後に、皮膚のケアをして、その後に中の問題へ取り組むことが無理なく問題を解決しやすいので、あらためて現状の取り組みを振り返ってみてくださいませ。

お腹がかゆいについて詳しくはこちら

お腹がかゆい

この記事に関する関連記事