首の前が痒い時の負担を考える

アトピーと言われている湿疹は、基本的にアレルギーを元に炎症が起きている状態です。しかし、アレルギー以外でもかゆみが起こることもあります。今回は、そんなかゆみのもとになる負担を解説させていただきます。

 

首の前の負担とは

  1. 頭の重さを首で支える
  2. 緊張で首が閉まる
  3. 呼吸で首に負担をかける

頭の重さを首で支える

 

首にかかる負担の1つに姿勢不良があります。姿勢の不安定によって首に多大な負荷が加わります。その負担によって痒みが起こることがあります。

 

緊張で首が閉まる

 

姿勢によって首に負担がかかるだけでなく、体の緊張によっても首が硬くなることがあります。首や背中は緊張すると反応で硬くなります。

 

呼吸で首に負担をかける

 

呼吸は横隔膜を中心に行われます。しかし、背中やお腹の硬さがあり、なかなか胸が膨らみにくい場合があります。そんな時、首や肩をすくめて縦方向に肺を膨らませようとします。そうすることで、首に必要以上に負担がかかります。

 

これらの負担が首にかかるとどんなことが起きるでしょうか。次は、負担がかかった首に加わる刺激やふかについて解説いたします。

 

首に負担がかかると起こること

 

  1. 首に皺がよる
  2. 筋肉が硬くなる
  3. 血流が滞る
  4. 神経が絞扼される

首に重しがかかることで、筋肉が硬くなります。また、首の関節にかかる負担も増えて凝りや血流の悪さを自覚しやすくなります。

他にも、筋肉が硬くなることで、神経の通り道が狭くなり、神経の異常が起こりやすくなります。

 

血流の悪さが炎症を引き起こします。また、神経障害があると、かゆみを感じやすくなります。このような問題が、アレルギー以外でも皮膚に負担をかけてしまうのです。

 

それでは、このような負担や刺激が加わった際には、どのような対策をすれば良いでしょうか。最後に対処法についてご案内っせていただきます。

 

2つの方法で痒みを止める

首の問題は「固まった首を緩める」ことと「固めてしまう問題を解消す流」この2つを解決します。

 

  1. 固まった筋肉を緩める
  2. 首の関節を動かす
  3. 内臓を緩める
  4. 呼吸を意識する

固まった首を緩める

かゆみを止めるには、筋肉を緩めて血流を促すと良いです。基本は動かしたりマッサージ、ストレッチも有効です。意識して首を動かすことで大概はよくなります。しかし、繰り返す場合は、首を固めてしまう問題が解消されていません。

 

首を固める負担を減らす

首は内蔵下垂や呼吸が浅いことでも硬くなります。お腹のこりをとることで首は緩みやすくなります。また、背骨や肋骨の動きをよくすることで、首や肩をすくめて呼吸することがへり、首が固まることを予防できます。

 

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

首の負担は、首とそれ以外の影響があります。首に負担がかかると血流や神経など影響が及美ます。これらの問題を解決するためには、首そのものと隣接する組織へケアするとよいです。是非試してみてくださいませ。

首がかゆいについて詳しくはこちら

首がかゆい

この記事に関する関連記事