アトピーでできるシワの原因と治し方

首にできるシワの原因と対策

1,アトピーでできるシワとは?

アトピーでできるシワは、一般的なシワとは異なります。それは、皮膚がもろくなってしまうために深いシワができやすくなるという特徴があります。

では、一般的なシワとの違いはどんなことが挙げられるのでしょうか?

シワの種類

  • 大ジワ
  • 小じわ
  • キメ

シワには種類があります。見た目の違いもそうですが、どんな原因によって起こりやすいのかも変わります。アトピーでは、上記の中のキメがなくなってくることによって、深いシワができやすい特徴があります。

また、シワそのものは、その人の栄養状態や体の扱い方によっても異なります。

2,シワができる原因

シワができるには理由があります。

多くの場合は、関節への負担や皮膚のひきつりが多いです。関節の問題は、一部の関節だけに負担がかかることによって、皮膚の動きが癖となってシワが起こります。

また、皮膚のひきつりとは、キメが少なくなり、皮膚の柔軟性が低下した時に起こりやすいです。

3,体のシワの特徴

体には皮膚の柔軟性を保つために細かいキメがあります。このキメは目に見えないくらい細かいシワです。このキメがあるからこそ、様々な動きができます。火傷を負ってしまったりして皮膚が引きつることで、関節や筋肉は自由に動けなくなります。

また、このようなシワは、関節だけでなく、皮膚の緊張した部分などにも起こりやすくなります。肘や膝などにもこのような関節以外に見られるシワがあります。これは筋肉や神経の緊張によって引き起こされたものです。

4,シワができた時にする対処

では、このようなシワができてしまった場合には、どのようにして対処するのが良いでしょうか?

答えは「キメをつくる」ということです。

キメができることで、深いシワができにくくなります。

 

キメの作り方

キメは皮膚の伸び縮みの運動によって作られます。オススメのケアは以下のエクササイズがあります。

  • 口に空気を含んで動かす
  • 表情筋を動かす
  • 首の筋肉を動かす
  • 皮膚のマッサージ

このように、筋肉や関節をともに皮膚を動かすことで、細やかなキメを作ることができます。また、それだけでなく、栄養補給をして皮膚の潤いや代謝に必要な栄養素を補給することも要素としてあります。

5,シワができないための予防

皮膚に潤いや栄養素はがないと、皮膚はもろくなりやすいです。ですので、このような状態にならないように日頃からの食事も大切になります。

また、姿勢の癖がシワを作ります。普段の動き方や姿勢を意識することで、シワができにくくなります。

6,整体でシワが解消できる理由

体のくせには、気がつきにくいものです。

また、内臓が弱っていると、前かがみになってしまいやすいです。そのような場合は、内臓のケアをすることで、まっすぐな姿勢を楽にできます。

スマホネックのように首を前に倒すことが多い場合には、背骨を緩めることで解消することができます。是非とも試して見てくださいませ。

7,この記事のまとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

体にできるシワには種類があります。体の状態によって、シワのでき方が異なります。特にアトピーでは、搔き壊しによって、キメがなくなりう深いシワができやすいです。このような場合には、キメを作って皮膚の柔軟性を作ることで、解消できます。是非とも今回の動画やブロくを参考にして、ご自身のシワのケアにお役立てくださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎市多摩区のアトピー専門整体「英気治療院」

(当日予約も受付け中)土日祝日も営業

0120-71-4976

0120-71-4976
ネット予約はコチラ LINE予約はコチラ
営業時間
9:00-21:00
定休日
11月は5、6、7、8、11、14、23、25日ですです。(別途、休診日以外では、当日予約も可能です)

〒214-0014神奈川県川崎市多摩区登戸2075-2コスモスパジオ向ヶ丘遊園502-A