アトピーの顔の赤みをとる方法(3)

皮膚が薄く赤い時の対策

  • 栄養補給
  • 皮膚を丈夫にする
  • 薬の使用
  • スキンケアで保護

栄養補給

皮膚が薄い場合は、皮膚を作るために必要な栄養素が十分にまかなえていないことがあります。この場合は、皮膚の材料であるタンパク質の補給が有効です。また、タンパク質を加工するために微量栄養素であるビタミンやミネラルの摂取も有効です。

皮膚を丈夫にする

皮膚が薄くもろいために、痒みを感じやすくなります。この場合は、皮膚そのものを丈夫にすることで痒みにくくすることができます。フィルムのような保護シートを貼るのも有効です。

薬の使用

皮膚が薄くもろいために、赤く透けて見えることがあります。この原因は、炎症のために、皮膚の代謝が過活動しており、本来の丈夫な皮膚が作れていないことが挙げられます。そのような場合は、炎症反応を抑えることで皮膚を丈夫にすることができます。

スキンケアで保護

薄くもろい皮膚は、乾燥しやすいです。乾燥することで、皮膚を守るために、皮膚表面近くに血液が集まり赤ら顔になりやすいです。血液が集まることで、顔は赤くなるだけでなく熱を帯びて、さらに乾燥肌を助長していきます。このような悪循環を断ち切るために、スキンケアで皮膚のバリア機能を補助することが有効です。