自律神経の3つのかゆみ

3つの原因

リラックスした時のかゆみ

一息つくとかゆくなる

仕事から帰って家に着いた時にかゆくなる。そんな場合は自律神経が関係しています。仕事中は交感神経が優位に働いて、痒みを感じにくくなっています。知らないところで疲労感などが蓄積しています。披露すると人の体はめぐりが悪くなります。気だるさや足のむくみなどがそれに該当します。

この蓄積した疲労感は、帰宅後に気が抜けた際にどっと押し寄せます。めぐりの悪さは痒みを引き起こします。つまり、交感神経が優位のため、痒みを感じていなかっただけなのです。

食後のかゆみ

食後にかゆくなる

食事をすると体が温かくなるのは多くの人が経験されています。この温かく感じるのは、食事誘発性の代謝によって起こる熱です。食事をすることで消化器を始めとする内臓が動きます。この時に普段から内臓のめぐりが悪いとその影響が肌に現れてきます。特に食後に痒みを感じやすい人はこの影響を受けます。便秘や冷え性がある方は要注意です。

睡眠時の痒み

痒くて眠れない

夜寝ている時にかゆくなる場合は自律神経が乱れています。睡眠時には副交感神経が優位に働きます。