食事でかゆみの対策は「避ける」こと

食事で痒みの対策は「避ける」こと

  • ヒスタミンを多く含むのを避ける
  • ヒスタミンの分泌を促すものを避ける
  • ヒスタミンの分泌を抑えるものを摂る
痒みはヒスタミンが多くなることで起こりやすいです。ですので、普段の食事でヒスタミンの摂取に偏りがないか確認します。特にサバやカツオを代表する魚類に多いです。
次にヒスタミンの分泌を促すものも要注意です。魚類の大半、トマト、卵白、キュウリ、いちご、チョコレート、アーモンドなどがあります。
特に卵白は生で食べることで、アビジンといってビオチンの吸収を阻害するので乾燥肌になりやすいです。
ここでヒスタミンの分泌を抑える栄養素を紹介すると、それはビオチンです。ビオチンは牛レバー、豚レバー、鶏レバー、大豆、卵黄、牛乳、銀鮭、イワシ、あさり、ピーナッツ(落花生)、アボカド、舞茸などに含まれていると言われています。体の状態や摂取する栄養素のバランスをみて選択されると良いです。