栄養不足で乾燥肌になる

栄養不足で乾燥肌になる

私たちの体は食べたものからでいています。幾つもの細胞が死んで新しい細胞が生まれ変わっています。もし、生まれ変わる際に細胞の材料が不足していたらどうでしょうか?生まれてくる細胞は見た目は同じでも脆い細胞として生まれてきます。乾燥肌の原因の1つにそんな栄養不足があります。

栄養素の働きと乾燥肌の関係

肌を作るさ栄養素はいくつもあります。タンパク質、ビタミン、ミネラルなど多くの栄養素が集まって皮膚の細胞を作っています。これらは単体ではなく互いに連携しています。それらの栄養素についてご説明いたします。

タンパク質

私たちの体の重とはタンパク質です。このタンパク質は皮膚の細胞だけでなく特有の機能を有した細胞にもなります。その1つとして潤いを保つ天然保有因子(

NMF)というものがります。他にもセラミド(細胞脂質)などの元にもなっています。

脂質

タンパク質と組み合わさって天然保有因子(

NMF)やセラミド(細胞脂質)を作ります。

亜鉛

亜鉛が不足すると味覚障害んあることは有名です。しかし、それ以外にも乾燥肌になったり爪に変形が出たりなどタンパク質の変性も見られます。偏った食生活やアルコールの飲み過ぎなどで消費されることがあります。

ビタミン

ビタミンは肌の細胞を作るのにとても重要な役割をになっています。ビタミンには種類があり、それぞれ必要な役割があります。

ビタミン A

ビタミンAは角層の天然保有因子の生成を促したり、皮膚や粘膜を正常な状態に保つ働きがあります。

ビタミンB群

ビタミンB群は肌のターンオーバーに重要な役割を担っています。ターンオーバーの周期や粘膜の再生に必要です。不足すると口内炎や乾燥、ニキビなどになりやすくなります。

ビタミンC

ビタミンCはコラーゲンの生成に必要です。

ビタミンE

ビタミンEは血行を促し、新陳代謝を活発にします。また、抗酸化作用もあり、細胞の酸化を防ぐ力も持っています。

気付かない所で起きている栄養失調

栄養不足になっていることを自覚するのには時間がかかります。それは食事の影響は小さな積み重ねによるものだからです。また、意識して変えてもその効果にはタイムラグが生じるからです。

 

ですので、代謝が活発な部分の変化をよく見るようにしましょう。一番わかりやすいのは髪の毛です。パサつきやごわつきなどある婆には注意が必要です。

まとめ

私たちの体は食べたものから出来ています。その材料が不足することで乾燥肌になることもあります。様々な栄養素が細胞を作るのに必要になります。それらが不足すことで乾燥肌をはじめとする肌荒れが起きます。栄養素の働きを理解することで食事のバランスを見直してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎市多摩区のアトピー専門整体「英気治療院」

(当日予約も受付け中)土曜日、祝日も営業

0120-71-4976

0120-71-4976
メールでのご予約はコチラ LINEからのご予約はコチラ
受付時間
9:00-21:00
定休日
11月の休診6〜9日、10日の午前、16日の午後、26日です。(当日予約も可能です)

〒214-0014神奈川県川崎市多摩区登戸2075-2コスモスパジオ向ヶ丘遊園502