赤ちゃんのアトピー

子供の成長

子供の成長

パッとわかる目次

  • 乳幼児の施術の実際(動画)
  • 赤ちゃんアトピーの改善事例
  • 赤ちゃんの体の特徴
  • 赤ちゃんアトピーの症状
  • 赤ちゃんアトピーの原因
  • 赤ちゃんアトピーの診断基準
  • 赤ちゃんアトピーの肌荒れ
  • 赤ちゃんアトピーですべきこと
  • 整体でアトピーがよくなる
  • 整体を受けるべき場合

乳幼児・小児の施術風景

  • 横隔膜の調整
  • 乳幼児頭蓋骨の調整
  • 乳幼児を抱っこした施術
  • 乳幼児背中の施術

赤ちゃんアトピーの改善写真

  • 乳幼児アトピー事例①
  • 乳幼児アトピー施術②
  • 乳幼児アトピー施術③

ビフォー矢印

  • 乳幼児アトピー施術④
  • 乳幼児アトピー施術⑤
  • 乳幼児アトピー施術⑥

ビフォー矢印

  • 乳幼児アトピー施術⑦
  • 乳幼児アトピー施術⑧
  • 乳幼児アトピー施術⑨

※「免責事項」こちら掲載された事例や体験談は個人の感想や成果によるもので万人への効果を保証するものではないことをご理解ください。施術による効果には個人差があります。

  • 乳幼児アトピー11
  • 乳幼児アトピー12

ビフォー矢印

  • 乳幼児アトピー13
  • 乳幼児アトピー14

ビフォー矢印

  • 乳幼児アトピー15
  • 乳幼児アトピー16

※「免責事項」こちら掲載された事例や体験談は個人の感想や成果によるもので万人への効果を保証するものではないことをご理解ください。施術による効果には個人差があります。

お問い合わせ

赤ちゃんアトピーの特徴

アトピー赤ちゃんと発育過程

発育の問題

内臓の発育

子供の成長は一定の傾向はありますが、すべての子供が同じような速度で育つわけではありません。何でも早い方が良いと考えがちですが、母乳から離乳食へ切り返す時期も、大人の都合ではなく子供の発育段階を加味して行うべきです。

 

もし、内臓が十分に消化する力がない状態で離乳食へ切り替えてしまうと、未消化なまま吸収してしまい、それがもとでアレルギー反応を起こすこともあるのです。

肌の発育

赤ちゃんのアトピー肌と発育

10月10日の期間を経て胎児は体を作り、羊水から生まれ出ます。その時に肌は空気に触れるだけでなく様々な菌や刺激物にさらされます。
内臓と同じで肌の発育も十分でない場合は乾燥しやすくなります。時には炎症反応を起こして体を守ろうとします。

 

生まれたての場合、脱皮のように肌の窮鼠黄な生まれ変わりを経て対応しようとすることもあります。
もし、肌が空気にさらされることになれない場合には保護資する必要があります。

清潔にし過ぎが返って悪化させる

沐浴のしすぎは肌荒れになる

肌は過保護にしてはいけない

乾燥しているからと言って、適度な保湿はよいのです必要以上に清潔にし過ぎると返って悪化します。

 

特に沐浴などに入浴剤を使用する際は気をつけましょう。その成分が返って肌に対して刺激になっています。

刺激は少なく

アトピー肌の赤ちゃんは優しい環境にする

乾燥しているのを見守るのではなく、身に付ける衣類やベビーベッドなど触れるものまで気をつけましょう。

例えば洗濯洗剤やダニなども刺激になります。

肌に直接触れるもの以外にも、子供の面倒を見る私たち大人の手も赤ちゃんん触れる前にどんな状態であるかに気をつけていきます。

化粧落とした後に触れると、赤ちゃんの肌はかぶれることもあるので要注意です。

電話予約

赤ちゃんのアトピー初期症状

アトピーの赤ちゃんは体が重い

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の初期症状は、体の水分の偏りと皮膚の硬さにあられます。抱っこをしたときの重さがいつもと違ったときには要注意です。

抱っこしたときに重く感じる

赤ちゃんは7~8割が水分でできています。そのため水分の移動が著しく特に弱いところや炎症の起きている部位に偏ります。
そのため、体の重心が変わり、抱っこしたときにその部位が重く感じることがあります。

皮膚の硬さを感じる

肌の硬さは肌荒れサイン

皮膚は体の最外層に位置します。皮膚も体の中から細胞がせり上がり生まれてきます。

なので体の内部の影響も受けていますもし、外気以外に影響で乾燥肌などが起きている場合には
その過程ですでに肌は固くなります。筋肉が硬いのと同じで皮下組織の堅田があれば乾燥肌予備軍とも言えます。
丁度紫外線に当たってからシミができるのに時間差があるのと同じです

体がやけに熱い

アトピー赤ちゃんは体の熱きや赤さには気をつける

痒みの反応とは滞りを解消する体の反応でもあります
体の流れが滞れば、そこには血液などの体液が渋滞を起こします。
それだけでなく、めぐりが悪いことで発散できずに熱がこもることさえあります。
体が重い、皮膚が硬い、熱のこもりなど一見アトピーとは関係なさそうな体に変化が
アトピーのかゆみや赤みが起きる間瀬の初期症状であったりもします。

この段階で対処できれば、痒みや赤みが起きる前に事前予防することが出来るのです。

赤ちゃんのアトピーの原因

赤ちゃんアトピーの原因

赤ちゃんのアトピーの原因と言われているのが発育の問題です。内臓はじめとする皮膚や筋肉などの諸機関の成長遅延が乾燥やアレルギー反応を引き起こすのです。

内臓の発育遅延

内臓は受精後4カ月でできるといわれています。
その時に母体にストレスを受けた場合には、その内臓諸機関は弱くなります。
もしその部位が気管であればぜんそく、鼻であれば鼻炎、皮膚であればアトピーなど器質的に弱さを持って生まれます。

内臓の発育と赤ちゃん

出生時の体重がそれぞれ違うのと同じで、発育の速度はここの特性があります。ですので、母乳の期間や離乳省への切り替え時期は一様ではありません。
それを半年たったからと言って無理やり変えてしまうと口元を始め肌荒れがでることもあります。
それは内臓がまだ未熟なため消化不良を起こしてしまっているのです。そのため未消化な食べ物が胃腸へ負担をかけるだけでなく、腸管から体内へはることで抗体反応を引き起こすこともあるのです。

 

本当は、消化されて利用されるべき栄養素もが、未消化なために、アレルギー反応を起こしてしまうことがあるのです。

早い離乳食は肌荒れの元

消化とは私たちの体内へ入れる大きさに分解する工程です。そして、吸収されたものは、私たちの体で活用できる大きさであり、肝臓などで勝利されたのちに利用されます。
しかし、腸管へ負担がかかり間違って体内に入った場合、これらは異物とみなされ体内の免疫応答が起こります。
この遺物に対して排除する働きがアレルギー反応というものです。

皮膚の成長が遅い

アトピー赤ちゃんの皮膚

私たちの体は発育とともに大きく成長していきます。
それは筋骨格の長さや太さだけでなく、それを多く皮膚にも同じことが言えます。
しかし、そのスピードが極端に早い場合には追いつかないこともあります。
それぞれの組織の発育スピードは異なります。成長痛なども骨の成長に対して筋肉がィ追いつかないことでも起こるのと同じです。
わたしたちの皮膚も発育のスピードに追いつかない時があります。例えば妊娠線もその一つです。
急なダイエットでは皮膚がたるんでしまいます。
赤ちゃんの場合には発育のスピードは著しいです。その時には皮膚が追いつかない場合には網タイツを引き延ばしたような構造になります。
つまり、肌の潤いをとどめることが難しく乾燥しやすくなるのです。
発育のスピードによるものですので、このスピードが落ち着いてきたときに不意に収まることがあります。
その背景には発育のスピードと皮膚の適応という関係があったのです。

筋肉の弱さ

赤ちゃんアトピーにはある程度決まった部位にです、

例えば首回り。それは発育の段階でも負担がかかりやすい部位です。
丁度首が座り何とか重たい頭を支えようとしている時にも起こります。
筋肉の緊張が高くなるとその部に滞りが起きます。
痒みとは角氷を促したいという体のサインです。この反応は首と就く弱い部位に多く見られます。

成長過程によるバランス

人の成長は大きく分けて2回急速に加速する時期があるといわれています。
これを成長期といいます。第一次成長期では幼稚園くらいです。
中学から高校生までに怒る、特に生殖器を中心とした発育の時期を第二次成長期といいます。
これらの時期以外にも産後から2歳までにかけても同様に急速に成長します。
1次と2次に対してこの時期を0次成長期とします。
急速な成長により筋骨格を始めとする見た目が変わります
しかし、細胞の生まれ変わるスピードは、すべての組織において一様ではありません。
つまり、筋骨格の発育に対して時には皮膚の成長が遅れることもあります。
このようなことが起きる時に、乾燥肌になります。
丁度、網タイツを引き延ばしたような隙間だらけを想像してみてください。
2歳以降から乾燥肌などが落ち着くのはこういった背景があるのです。

電話予約

LINEで予約する

赤ちゃんのアトピーの診断基準

日本皮膚科学会において作成されている診断基準

日本皮膚科学会において作成されている診断基準を見ますと、下記のような表記があります
①そう痒
②特徴的皮疹と分布
③慢性・反復性経過
(乳児では2ヵ月以上、その他では6ヵ月以上を慢性とする)

例えば常勤お表現を具体的にすると
「かゆみがあって、2カ月以上続くもので手足などに決まって分布するもの」
シンプルですが、漠然としていてしっくりきません

具体的な経過との比較

そこで、cを述べると変わります
生後1-3ヵ月頃から頭と顔に湿疹が初発します。
どちらかと言えばジュクジュクした湿疹が多く、
布団やお母さんの胸に顔を擦りつけるような痒がる動作は診断のポイントになります。
その後お腹や手足にも湿疹が拡大してきます。左右対称に出現するのも特徴的です。

いかがでしょうか?
似たような状態であれば可能性はあります

実際にはアトピー性皮膚炎の主要な症状以外にも
事前に様々な体の変化が出ています

赤ちゃんの肌荒れ基準

アトピーとの判別が難しい

赤ちゃんは生後急激な環境の変化に対して適応しようとします。
その適応反応として肌は著しく変化します。
乾燥や分泌物の影響もありこれをアトピーと間違ってしまうこともあります。
そのような背景もあり、乳幼児のアトピー性皮膚炎の診断には生後4か月以上などの

1~2か月は分泌物による湿疹

人間の成長には急速に加速する時期があります。
それを成長期といい小学生に上がる前を1次成長期といい、中高生にみられる時を第二次成長期といいます。
また、生後急速に適応と成長が起きるときはこの1次と2次に対して0次とします。
ホルモンの分泌などが活発なため、時にはそれらが制御できないときもあります。
生後すぐの時期にはこのような活動が活発なために分泌物により毛穴が詰まり炎症を起こすこともあります。

2~3カ月は乾燥肌

急速な成長は体内のホルモン分泌以外にも筋骨格系も発育します。
特に筋肉や骨の成長に対して皮膚の成長が追い付かないときには乾燥肌が見られることもあります。
それはストッキングを引き延ばしたように、網目が大きくなるため肌を十分に保湿できないことが考えられます。
この現象は、皮膚の成長が追い付くことで自然と改称されていきます。

4か月以降はアトピーの可能性も

0次成長期での活発な発育が落ち着いてくると、分泌物や皮膚の影響は少なくなってきます。
この時期では成長期による内部の影響は落ち着いてきます。
一般的なアトピー性皮膚炎では、これ以降にも炎症などの症状が現れるときにアトピーの診断がされやすいです。
しかし、4か月以降ではなくそれまでの発育の過程を考慮しなくてはいけません。
発育には個人差があります。時間と共に解消できる問題を返って阻害してしまうことで自らの力で適応不全を起こすことさえあるからです。

赤ちゃんアトピーですべきこと

子供をよく観察することです。

アトピーにいいからと言っていろんなものを試したりしがちですが、目の前にいるわが子の状態がわからないのに、本当にそれが必要なのか判断がついているのでしょうか?

子供の状態を知ることが一番するべきことです。

ステロイドでよくなる子・よくならない子

子供はかゆみを我慢しすることが難しいため、
自分の体を傷つけてしまうことがあります。

ステロイドを塗ることで、かゆみを抑えて、
塗り続けることでかゆみが引きよくなる子もいます。

また、塗り続けていくうちにステロイドが効きにくくなる子もいます。

前者の場合は、内臓や皮膚のバリア機能が未熟なため成長とともにアレルギー反応が自然と落ち着き、アトピーの原因が改善された場合です。しかし、アトピーの根本原因が改善されたわけではありません。

後者は体の機能が低下して、自然では解決できない問題を抱えています。

赤ちゃんも施術すればよくなります。

赤ちゃんのアトピーの原因は、おなかの中にいる状態からはじまっています。

赤ちゃんは受精してから10月10日の月日をへて生まれてきます。

その体が作られる過程でお母さんの体調が悪いと、その時に作られている体の細胞が弱くなってしまいます。

皮膚であればアトピー、鼻であれば鼻炎、呼吸器であればぜんそくなどになりやすいのです。

アトピーをなくすということではない

アトピー自体が悪いではありません。
アトピーという症状を必要としている体なのです。

内臓や皮膚バリア機能が弱い場合には体を守る働きが弱いのです。
そのため、身体に毒素が入りやすいです。さらに体に入ってきた毒素を処理しきれないために、弱い皮膚から排泄しようとしているのです。
もし、かゆみだけを抑えてしまったら、別の問題として症状が出てきます。

アトピーを必要としない体に改善していくことが目的となります。

赤ちゃんは施術するのに最適な時期です

両親がアレルギーもちであれば、
症状が出ている場合には子供にも影響することもあります。

妊娠中から母体の環境をよくすることで、弱くになりにくくしていきます。

生まれてから育つ時間とともに、さまざまな問題を抱えることとなります。

根本的な問題を解決する場合には、施術は早ければ早いほど効果的です。

入院期間は、普通分娩ですと4~5日、帝王切開ですと8~10日ですので退院後すぐに施術するのがベストです。

整体でアトピーがよくなる

赤ちゃんのアトピーの多くは発育過程に問題があり、症状が起こります。

内臓の未発達や体のめぐり、自立神経の働きなど体の中身問題がある場合が多いです。

このような体の中の問題は整体で解決できます。

整体を受けるべき場合

もし、お子さんがこのような場合は整体を受けたほうがよいです。

・よだれが少ない

・汗をかかない

・手足の動きが少ない

・湿疹を繰り返す

・首のすわりが遅い

このような場合は発育の問題です。これらは整体で解決することが出来ます。早めの受診をお勧めいたします。

電話予約

LINEで予約する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加