アトピーをよくする手順

3つの手順でアレルギー症状が良くなる

アトピーはアレルギー性の皮膚炎です。ですので、アレルギー症状改善い取り組むことで、皮膚の炎症や痒みを止めることができますそれに3つの手順を踏んでよくしていきます。

  • 慢性的な炎症を解消する
  • 腸内環境を改善して免疫を正常化させる
  • 異物や不要なものを排泄させる

慢性的な炎症を解消する

体のどこかに炎症が起こると、他に部位でも炎症反応が起こりやすくなります。これをホーミング機構と言います。具体的には、皮膚以外の喉や腸へ負担がかり起こる炎症を解消させます。もちろん、皮膚に慢性的に傷がある場合も、慢性炎症の1つになります。

炎症の連鎖反応を止めるには、皮膚と皮膚以外のケアが必要になります。

腸内環境を改善して免疫を正常化させる

体の免疫の6〜7割は腸管免疫が担っています。全身をおおう皮膚に起こるアレルギー反応もこの免疫の影響を受けています。皮膚だけに薬を塗ってもぶり返したり、繰り返す場合は、皮膚以外にも問題があります。その問題の1つに腸内環境という要素があります。お通じの回数やお腹のこりがあることで、免疫が世情に働けなくなります。

腸内環境を改善するには、腸そのものと、腸内にいる腸内細菌のバランスを整えます。具体的な対策としては、プロいバイオティクス超モミなどが有名です。

英気治療院では、このようなお腹のコリを取ることで、免疫の正常化を果たします。

異物や不要なものを排泄させる

体の中に異物があると、それを排泄させようとアレルギー反応が起こります。食事ではグルテンやカゼインなどが有名です。他にもアレルゲンとなる食事や重金属など多く摂りすぎると体に負担をきたすものもその1つです。

体から排泄するには、大小便が基本です。その出口に行くまでに、肝臓や腎臓などで解毒されます。

英気治療院では、お腹を緩めて内臓の位置を整えることで、これらの働きを促します。

料金案内 アクセス
初めての方へ 院長紹介