まぶたがかゆいと赤い原因と対処(3)

まぶたの対処

  • 顔面の指圧
  • 保湿や栄養補給
  • 保護や刺激の除去

顔面の指圧

目の疲れがあると、目の周囲にある神経が緊張して痛みや痒みを感じやすくなります。目が疲れるとコンタクトの汚れや異物感を感じやすくなるのに似ています。

この様な場合は、目の周りの神経をマッサージや指圧すると良いです。疲れている初めは痛みを感じるかと思いますが、緩んでくると次第に痛みはなくなってきます。

保湿や栄養補給

まぶたの赤みは目の乾燥や栄養不足で起こります。この場合は、目薬などで潤わす、ビタミンなどの栄養を補給すると良いです。

一時的に目薬をすることは対処として即時性があります。また、目の周りにワセリンを塗って蒸発を防ぐのも有効です。

さらに口周りの乾燥など体全体の粘膜に乾燥症状がある場合は、栄養不足の栄養不足の可能性があります。この場合はビタミンを補給しましょう。

保護や刺激の除去

目の周りに傷があれば、保護することが有効です。傷があると異物から守るために赤くなります。それを防ぐにはワセリンなどの保護が有効です。

原因に対して対処すべし
適切な対処は症状を緩和させる