アトピーの顔の赤みをとる方法(2)

血液で赤い時の対策

  • 神経の緊張緩和
  • 筋肉のコリを解消
  • 血管の収縮
  • 熱を冷ます

神経の緊張緩和

神経が緊張すると、硬くなり、その固さを解消するために、血液を集めます。
神経が緊張している時は、血液を集めるだけでなく、神経そのものを緩めることで赤みを引かせることはできます。神経が緊張したためにできた充血はこのようにして解消すると効果的です。

筋肉のコリを解消

筋肉のコリがあることで、血液のめぐりが悪くなり赤くなります。この場合は、筋肉を緩めることで解消できます。
筋肉のコリが問題の場合は、筋肉の形に湿疹ができる場合が多いです。弱い部分や負担のかかる組織の形に湿疹は起こりやすいです。

血管の収縮

火照りやのぼせなどによって血液が集まると、血管は拡張したままになり、顔が赤くなりやすいです。この場合は、血管が拡張したままで収縮できないののが問題です。血管が拡張したままなのが問題ですので、収縮させる運動を促すことで解決できます。

熱を冷ます

頭に熱がこもることで、体の中の水分を集めてしまいます。特に水分の中で血液が割合を占めているので、熱を持った部分に血液が集まり赤くなります。この熱を持って赤くなる問題を解決するには、熱を冷ますことが有効です。