アトピーの顔の赤みをとる方法(4)

オススメのアトピーケア

  • 温冷療法
  • お灸と針刺激
  • 足湯
  • 薬の使用

温冷療法

顔に蒸しタオルや保冷剤を交互にあてがうことで、血管の拡張と収縮運動を繰り返し、血管の筋肉のリハビリをすることができます。血管の筋肉を意図的に収縮と拡張させることで、血管が持つ本来の機能を取り戻すことができ、拡張することでの赤ら顔を解消できます。

お灸と針刺激

鍼灸をすることで、皮膚の熱を下げる、皮膚を暑く丈夫な組織にするなどの効果が期待できます。また、目の付近の神経の緊張も緩和できますので、充血のケアにも有効です。

足湯

足湯をすることで、顔にこもった熱を下へ下げることができます。顔の熱を下に下げることで、血液が体全体に周りやすくなり、火照りやのぼせによる赤みを引かすことができます。

薬の使用

赤ら顔は炎症が強く、脆弱な皮膚になるとことでかゆい、かく、炎症、かゆいの悪循環が起こります。この悪循環を断ち切るためにも薬の使用は有効です。かかりつけの医師や薬剤師さんへ相談した上で、適切な処方をしていただくことをオススメいたします。