アトピーで寝れない原因と対策(1)

アトピーで寝れない理由

睡眠には日内リズムがあり、そのリズムによって睡眠が促されます。しかし、その反対に、覚醒する物質もあり、それが多いために眠りにつけなくなることがあります。その覚醒物質の1つにヒスタミンがあります。これはアレルギー反応が起きたときでも分泌されるものです。

ヒスタミンは、痒みの原因の1つであります。かゆいために覚醒するだけでなく、覚醒することでも痒みがましてしまいます。

他にも痒みは血行不良や過度な緊張でも起こります。このときにも痒くてかいて炎症を起こして、覚醒する悪循環が起こります。これを予防するには、痒みを止めるだけでなく、覚醒してしまう原因へアプローチする必要があります。