アトピーで寝れない原因と対策(2)

寝る前にできる対策

眠れないときには、睡眠ができる体の準備をすることで、眠れる様になります。

4つの方法があいr、1つは血糖値を安定させるために、タンパク質をメインの食事にしてみましょう。そうすることで、寝ている時の中途覚醒がなくなります。また、急激な血糖値の乱高下によって糖質コルチコイドやアドレナリンが分泌され、覚醒しやすくなります。血糖値の安定は、これらのホルモンの分泌を抑える効果も期待できます。

2つ目は、サプリメントの摂取です。糖質の安定だけでなく、ヒスタミン関連の分泌を抑える効果もあるサプリメントをとることで、覚醒を防ぐことができます。

3つ目は、薬の使用です。抗ヒスタミンの薬で直接ヒスタミンをブロックします。

最後の4つ目は、血液循環をよくすることです。血の巡りが悪いことで痒みや過敏症のもとになります。