頭皮のかゆみが起こる理由と対処(0)

頭皮がかゆいとき

  • 食事をしたとき
  • 緊張したとき
  • 布団で寝ているとき

頭皮がかゆい時には、いくつかの傾向があります。多くある傾向のうち3つをご紹介します。この3つには共通することがあり、それは血液のめぐりが良くなり体温が亜が強いう共通事項があります。

食事をしたとき

食事をすることで、食事誘発性の発熱が起こります。これによって体の体温が高まります。また、内臓が動くことで体のめぐりが変わります。食後の場合は、脳や筋肉よりも内容に血液が集まります。血液は、活動する部分に集まる傾向があります。食後の眠気も脳血流が下がることもその要因の1つとされています。

また、食事をすることで交感神経の緊張が下がります。緊張がとけることで、筋肉の緊張も緩みます。このような状態ですと感覚は体の内部へ移ります。

これらの変化によって、元々緊張していた人やめぐりが悪い人は痒みを感じやすくなります。

緊張したとき

緊張しているその時に痒みを感じるのは、神経の緊張が高まり感覚が過敏になっていることが多いです。同じようなもので、緊張すると頭痛が起こるというのがあります。頭痛の場合は、原因は同じ神経の緊張ですが、痒みよりも痛みとして異常を感じているのです。

布団で寝ているとき

痒みは神経の緊張以外にも血液のめぐりの悪さでも起こります。その1つとして頭が寝ている時に圧迫されてかゆいというものがあります。頭そのものの緊張やめぐりの悪さに加えて、枕のかたさ、体の硬さなどいくつもの要素が重なり、頭皮を圧迫して痒みを感じることがあります。枕でかゆい場合は、毎回同じようにかゆいのか、それとも日によって変わるのかを確認する必要があります。その理由は、ダニや皮脂の汚れなどアレルゲンやその他の刺激の可能性があるからです。

頭皮への負担を観察