冬のアトピー対策(2)

冬でやるべき養生

  • 体の感覚を戻す
  • ギャップをなくす
  • めぐりをよくする

冬の気候では、緊張して鈍感になり、めぐりが悪く乾燥しやすいです。これらの対策としては、疲れを感じる、血の巡りが悪いなどを意識的に感じ取ることが必要です。そのためにも、ストレッチやマッサージ、入浴など積極的によくするケアをすれば、感覚の鈍麻を避けることができます。
次に、気候による体にかかる負担を減らすことです。寒暖差があるほど体にとって負担になります。まずは、暑い寒いなどの感覚に加えて、保温することが大切です。そうすることで、寒暖差による緊張も解消することができます。

最後に、血液のめぐりを保つことです。寒い、緊張している時では、いくらめぐりをよくしようとも効率が悪いです。

このように、優先順位を決めてケアをすることで、冬の乾燥や緊張による症状を起こすことなく過ごすことができます。

それでは、具体的にどんな方法が有効なのかを次にご案内いたします。

気候に順応する生活