アトピーもどき

アトピーもどき

痒みが起きる3つの原因

熱がこもる

イライラしてかゆい

イライラした時のかゆみです。熱がこもると体が膨張して過敏になることでもかゆくなります。かくことで一過性に炎症反応を起こして血液を集めます。そ集まった血液によって熱は発散されて治ります。

とりあえずという場合には冷やすことで治ります。熱の膨張も冷やすことで小さくなるのです。

巡りが滞る

鳥肌とむくみ

かゆみという反応は、促したいという体の反応です。ただ、爪を立てて過度に肌を痛めると傷ができます。

爪を立てることは、皮膚への刺激の変化によってストッパーとなるものです。適度に描く分にはいいのですが、搔き壊しすぎるとその見た目からアトピーっぽく見えてしまいます。

異物がある

肌の炎症

蚊に刺された時にかゆくなるのは、蚊の唾液に対してです。その唾液を排泄できればかゆみは治まります。

他にも体のめぐりが悪いだけでなく、体の毒素が溜まっている部分がかゆくなることもあります。

外の問題は直接排泄して解決します。中の問題は、めぐりの改善や整体などでよくして解決していきます。

アトピーもどきの見分け方

状況によって変化する

お風呂上りに色が白くなることがありませんか?血液のめぐりがよくなることで、色が変わればアトピーもどきの可能性があります。

 

例えば自律神経の不調によるものであったり、血管の変形であったりその原因は様々あります。

 

アトピーのように見えるからといって、全てがアレルギーを主体としたものとは限らないのです。