アトピーの見方

アトピーとアトピーもどき

  • アトピーもどき
  • アトピーもどき

これらはアトピーではなく、それ以外によって起こるアトピーもどきです。

アレルギー症状としてのアトピー性皮膚炎と、かゆみや赤みはあるけど、アレルギーではないアトピーもどきに分けられます。

 

このアトピーもどきでは薬も効かないことが多く、その原因がわからないために慢性化しやすいものです。多くの何知性のアトピーではこのアトピーもどきも併発していることが多いです。

  • アトピーもどきの改善
  • アトピーもどきの改善

アトピーもどきも適切な対処をすれば良くなります。

アレルギー反応としてのアトピー

アレルギー反応

アレルギーとは「過敏」と言う意味です。その言葉の通り他の人よりも反応しやすい環境や物質があることで体に症状が出てしまうものです。

 

例えば食べ物などのアレルギーがあれば、血液に乗って全身の様々な部分へ症状が出ます。

 

また、その症状の出方にも「弱いところにでる」、「負担のかかっている部分に出る」などの傾向があります。

 

アレルゲンの除去だけでなく、体の弱い部位を整えることで症状が出にくい体へしていきます。

かゆみや赤みなどだけのアトピーもどき

アトピーとアトピーもどき

かゆみはアレルギーに関わらず起こる感覚です。痒いからといってその理由がわからないまま掻きこわしていると、いつの間にかアトピー症状のような見た目になっていきます。

 

見た目でかで判断されて、薬のみ処方されるケースがよく見受けられます。

アトピーもどきのについては、後ほど詳しく解説していきます。

アトピーには5つのステージがある

滲出液がでる

汁の種類

体から体液が出る段階です。多くの方が「汁」と呼ぶものです。この体液にも種類がありその形状によって対処の仕方が変わります。

皮膚が変形する

皮膚の変形

肌がたこのように分厚くなってしまう状態です。肥厚とも呼ばれ、刺激が加わり続けると起こります。

 

このような状態でも、適切なスキンケアや処置を行うことで元の肌に戻ることができます。

肌がボロボロむける

落屑

日焼けをした後のように皮がボロボロ向ける段階です。落屑とも呼ばれ、体に変化が起きている状態です。この時は、体の外側だけでなく、中側や内側へのケアをすることでよくなっていきます。

鳥肌やサメ肌などの乾燥

鳥肌

乾燥肌とともにでやすい肌の状態です。ひび割れているからといって化粧水やクリームなどをつけてはいけません。そうすることで返って汗をかけなくなり、乾燥肌が長引くこともあります。外側の変化は中側や内側も同時によくしていく必要があります。

 

特に血液のめぐりや自律神経などの調節が必要な時期です。

赤みやかゆみ

赤み

かゆみや赤みは体の状態がよくなっても起こる症状です。これらは体が過敏ではなく敏感になった時に起こりやすいものです。

アトピーがよくなる過程

アトピーがよくなる過程

慢性期

体力(体液循環)を促 しすことで体が変化で きるように導いてい く。体外からの刺激を 減らして、体の変形を 止める

変換器

巡りが良くなることで、今 まで滞り溜まっていたもの が巡りだす。今まで出てい なかった部位へ症状が出た りするが、巡らせ続けるう ちに消失していく。内臓機 能が回復して、排泄機能が 促される

維持期

体の変化が落ち着いてい き、不眠症や強烈なかゆみ などがおさまっていく。体 の変化に敏感になり、自分 自身でもある程度対応でい る時期

アトピーはよくなるものです

正しい道のり

今目の前に出ている体の状態がわかり、正しい対応ができればアトピーはよくなります。

よくなる過程とその方法があるので、今までよくならなかったアトピーでも改善できるのです。

 

風邪と同じで筋道が必要

 

アトピーが難病ろ言われるのは筋道がなかったからです。アトピーは風邪と同じです。必要なときに必要なケアをすればよくなります。