赤ちゃんの発育過程(乳児)

赤ちゃんの発育過程

新生児

新生児の発育とアトピー

出生から4週間以内の赤ちゃんの呼び名

「新産児(しんさんじ)」「初生児(しょせいじ)」と呼ぶ場合もあります。

生後7日未満の赤ちゃんを「早期新生児」といいます。生まれて間もない赤ちゃんは「緑児(みどりご)」「嬰児(えいじ)」などと呼ぶこともあります。

乳児

乳児の発育とアトピー

生後から1歳未満まで
出生から満1歳未満までの赤ちゃんを指します。おっぱいやミルクで育つことから「乳児」と呼ぶようになったといわれます。

生後0ヶ月

肌の色

今まで羊水の中にいたことで、肌の環境はがらりと変わります
生後0カ月のときに、一度整理的な脱皮をします。これは羊水とは違った乾燥した大気に適応するために、肌の代謝が活発になる耐え目に起こります。原始反射
生まれたての赤ちゃんは、様々な働きが大人の私たちと異なります。
例えば足の裏をそっとなでると指がパッと開きます。。掌に指をのせるとギュッと握ります。
これらの動きも反射の1つで、成長とともになくなっていきます。睡眠
1日16時間以上眠っていて、最初は不規則なります。

生後1ヶ月

生後1ヶ月(手足をバタバタ)
身長と体重
体重も生後よりも1kgほど増えふっくらとしてきます。


表情

泣く

生後2ヶ月

生後2ヶ月(「あー」「うー」としゃべる)
情緒

目が見える
視力がはっきりして着始めて、目で追うようになります
じっと何かを眺める姿がみられ事も見られます。
目に映るものが気になるので、親指やこぶしを口に入れ、吸ってみたり確認をし始めます
この時に、モノを持つ手が自分の手ということに気付き始めます。これが自分の存在に気づいていく始まりです。
また、寝ている姿勢を横にしたりうつ伏せにしたりと、姿勢を変えると、数秒間、頭を持ち上げたりするしぐさがみられます。
手足を良く動かすような体操がみられ始めるのもこの時期です。
腹ばいになると、背中をそらせるようになり、動きが出始めてきます。

生後3ヶ月

生後3ヶ月(ママと他の人の区別が)
うつぶせにすると頭を起こしたり首に動きが活発になります。速い子ですと、お座りをしたり、首がすわるまであと一歩のところです。
腕でからだを支えて頭をしっかり持ち上げる様な運動で、徐々に首を支える力がついていきます。
寝返りをし始めるのもこのj引きです。
体は徐々に変化していき、肌の状態も変わっていきます。この時期ですと、皮脂の分泌が減ってきて乾燥する様子がうかがえます。生理的な簡素ですので、乾燥肌と思って無理なスキンケアをすると、返って皮脂の分泌を妨げて肌へダメージを与えてしまうこともあります。

生後4ヶ月

生後4ヶ月
「首のすわり」ができるようになる
縦抱きしても首が安定しテぐらつけなければ、首が座っていると判断してもよいでしょう。
視線が変わるので、いろんなものに興味がわいていきます。手にとっては口にいれて確かめようとします。この時にはよだれも多く出ます。このよだれは、体を守る免疫の1つです。ただし、適度にふき取ってあげないと、口まわりがあれてしまします。注意しなくてはならないにがスタイです。口まわりをふき取るのが面倒だからと言って酢体をつけっぱなしにすると、雑菌が繁殖して、返って口や首元があれてしまいます。

興味関心が出とそれに伴い反応していきますい。感情もはっきりして個性的になります。
言葉を少し筒発するようになり、感情表現をし始めていきます。

生後5ヶ月

生後5ヶ月(そろそろ離乳食)

生活リズムが落ち着いてくる時期です。夜泣きの回数は減ってきて、日中と夜のリズムがか落ち着いてくる時期です。
足の力も強くなり、寝返りもできるようになり、活発に動き始めます。
ものをつかみ、振り回したりなめたりするので、身の回りの整理が必要です。離乳食を始める時期と言われますが、内臓の発育には個人差があります。
生後何か月という計算よりも、体重で見るのもよいでしょう。7kgくらいあれば年相応の体重ですので、1つの目安にもなります。

生後6ヶ月

生後6ヶ月(くるりと寝返り)
寝返りが完成してきます。足腰の強さが出てきて、体を動かせるようになります。
寝返りが首の動き、足の動き、そして最後に手を抜く動きができると完成でウs。
おすわりを始める赤ちゃんもいるので、倒れないように見守ってあげましょう。
表情も豊かになりなるので、赤ちゃんの言葉を真似てコミュニケーションをとりましょう。

生後7ヶ月

生後7ヶ月(ひとりでお座り)

はいはいをし始めることで、行動範囲が広がります。
コードなどの配線には十分注意しましょう。ひっけ語りなめたりすることで、感電や火傷の恐れがあります。
歯が生え始めます。
夜泣き
夜泣きは発達の過程で自然と怒るものです。
昼と夜の睡眠のリズムがとおt脳ことで少しずつとさまっ定期ます。
空腹が理由のことが多く、母乳を飲むことで収まるケースが多いです
歳半頃までには夜泣きはなくなりますので、それまではしっかりと見守ってあげてください。人見知りもするようになります
これは知らない人を見分ける力がついた証拠です
いろんな人にかわいがってもらい、人になれる環境を作りましょうママからもらった抗体がなくなってきているため病気に注意
自分の免疫で自律し始めます。
今まではお母さんからの免疫に依存していましたが、これからは自分で耐性を作っていきます。
その間は少し酔回ってしまいますので、病気にならないように身の回りの環境に注意を払いましょう。

生後8ヶ月

生後8ヶ月(上手にひとり遊び)
お座りが上手になり、いろんなものを持っては振り回して一人遊びが多くなります。
低いテーブルなどのもの塚物で、ライターなど危険なものは手の届かない場所へ置きましょう。

生後9ヶ月

生後9ヶ月(ハイハイでどこまでも移動)
横ばいの状態からのズリバイから、膝を立てのハイハイをするようになります。
行動範囲やスピードが速くなります
また、音やリズムに今日澪を持つ時期ですので、いろんな音楽や読み聞かせをしていきましょう。

生後10ヶ月

生後10ヶ月(つかまり立ち、伝い歩き)
「つかまり立ち」をし始める
物をつかむ、足腰の強さが出てくることでつかまり立ちをし始めます
妻仮立ちが出来たのちは
「つたい歩き」に移行していきます
つたい歩きは6ヶ月~1歳すぎ
1歳前後には1人で歩く「たっち」
たっちは9ヶ月すぎ~1歳半頃
このような段階を経て「あんよ」ができるようになっていきます。

離乳食
早寝早起きの生活リズムが整い始まります
午前・午後と1日2回に昼寝にまとめて摂るようになります
赤ちゃんの後追いが始まるのですが、無理に引きはがさないようにしましょう。
子供はかえって不安になり、余計に悪化します

生後11ヶ月

生後11ヶ月(大人のマネ)

伝い歩きよりもハイハイの方が速いため、伝い歩きができてもハイハイに戻るこもいます。
慣れてくると手でバランスをとるようになり、運動量が増えていきます。

生後12ヶ月

1歳
1歳(ひとりで立てます)
運動量が増えてきて、昼寝も午後に一回鶏夜はぐっすり寝るようになります。