赤ちゃんの発育過程(ことばの発達の段階)

ことばの発達の段階

言葉の発達はは脳の発育状況に関係する

乳幼児湿疹と間違えられやすい赤ちゃんのアトピー|アトピー専門整体「英気治療院」

言葉とは脳の発育の基準にもなります。
言葉を発するには様々な機関が連動して起こります。例えばくちびるの筋肉、顎などの関節を始めとする筋骨格に発育
舌の動きによって言葉を発します。この舌の動きは、脳から直接出た神経によって動いています。
言葉は音を聞いて、真似ることで表現していきます。
ですので、音を知らないことにはどんな言葉を話しいるのかもわからないのです。
耳がよい子は音や言葉の発生がよいです。
このような背景を含めて言葉の発育は、脳の発育の状態を反映しているのです。生後2ヶ月頃声をたてて笑う生後3ヶ月頃うれしいとき声を出す
相手をすると声を出す4ヶ月頃

自分のほうでも気持ちがいいとケラケラ笑い

5ヶ月頃

アバアバ・アウアウなど母音7ヶ月頃

バ・ダ・カのような単音節

8ヶ月頃

パパ・ママ・バイバイなど

1歳頃

「ブーブー」「ワンワン」など、意味のあることば