赤ちゃんのアトピーの診断基準

日本皮膚科学会において作成されている診断基準

日本皮膚科学会において作成されている診断基準を見ますと、下記のような表記があります
①そう痒
②特徴的皮疹と分布
③慢性・反復性経過
(乳児では2ヵ月以上、その他では6ヵ月以上を慢性とする)

例えば常勤お表現を具体的にすると
「かゆみがあって、2カ月以上続くもので手足などに決まって分布するもの」
シンプルですが、漠然としていてしっくりきません

具体的な経過との比較

そこで、cを述べると変わります
生後1-3ヵ月頃から頭と顔に湿疹が初発します。
どちらかと言えばジュクジュクした湿疹が多く、
布団やお母さんの胸に顔を擦りつけるような痒がる動作は診断のポイントになります。
その後お腹や手足にも湿疹が拡大してきます。左右対称に出現するのも特徴的です。

いかがでしょうか?
似たような状態であれば可能性はあります

実際にはアトピー性皮膚炎の主要な症状以外にも
事前に様々な体の変化が出ています