赤ちゃんのアトピー初期症状

アトピーの赤ちゃんは体が重い

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の初期症状は、体の水分の偏りと皮膚の硬さにあられます。抱っこをしたときの重さがいつもと違ったときには要注意です。

抱っこしたときに重く感じる

赤ちゃんは7~8割が水分でできています。そのため水分の移動が著しく特に弱いところや炎症の起きている部位に偏ります。
そのため、体の重心が変わり、抱っこしたときにその部位が重く感じることがあります。

皮膚の硬さを感じる

肌の硬さは肌荒れサイン

皮膚は体の最外層に位置します。皮膚も体の中から細胞がせり上がり生まれてきます。

なので体の内部の影響も受けていますもし、外気以外に影響で乾燥肌などが起きている場合には
その過程ですでに肌は固くなります。筋肉が硬いのと同じで皮下組織の堅田があれば乾燥肌予備軍とも言えます。
丁度紫外線に当たってからシミができるのに時間差があるのと同じです

体がやけに熱い

アトピー赤ちゃんは体の熱きや赤さには気をつける

痒みの反応とは滞りを解消する体の反応でもあります
体の流れが滞れば、そこには血液などの体液が渋滞を起こします。
それだけでなく、めぐりが悪いことで発散できずに熱がこもることさえあります。
体が重い、皮膚が硬い、熱のこもりなど一見アトピーとは関係なさそうな体に変化が
アトピーのかゆみや赤みが起きる間瀬の初期症状であったりもします。

この段階で対処できれば、痒みや赤みが起きる前に事前予防することが出来るのです。