赤ちゃんアトピーの特徴

アトピー赤ちゃんと発育過程

発育の問題

内臓の発育

子供の成長は一定の傾向はありますが、すべての子供が同じような速度で育つわけではありません。何でも早い方が良いと考えがちですが、母乳から離乳食へ切り返す時期も、大人の都合ではなく子供の発育段階を加味して行うべきです。

 

もし、内臓が十分に消化する力がない状態で離乳食へ切り替えてしまうと、未消化なまま吸収してしまい、それがもとでアレルギー反応を起こすこともあるのです。

肌の発育

赤ちゃんのアトピー肌と発育

10月10日の期間を経て胎児は体を作り、羊水から生まれ出ます。その時に肌は空気に触れるだけでなく様々な菌や刺激物にさらされます。
内臓と同じで肌の発育も十分でない場合は乾燥しやすくなります。時には炎症反応を起こして体を守ろうとします。

 

生まれたての場合、脱皮のように肌の窮鼠黄な生まれ変わりを経て対応しようとすることもあります。
もし、肌が空気にさらされることになれない場合には保護資する必要があります。

清潔にし過ぎが返って悪化させる

沐浴のしすぎは肌荒れになる

肌は過保護にしてはいけない

乾燥しているからと言って、適度な保湿はよいのです必要以上に清潔にし過ぎると返って悪化します。

 

特に沐浴などに入浴剤を使用する際は気をつけましょう。その成分が返って肌に対して刺激になっています。

刺激は少なく

アトピー肌の赤ちゃんは優しい環境にする

乾燥しているのを見守るのではなく、身に付ける衣類やベビーベッドなど触れるものまで気をつけましょう。

例えば洗濯洗剤やダニなども刺激になります。

肌に直接触れるもの以外にも、子供の面倒を見る私たち大人の手も赤ちゃんん触れる前にどんな状態であるかに気をつけていきます。

化粧落とした後に触れると、赤ちゃんの肌はかぶれることもあるので要注意です。