赤ちゃんのアトピーの原因はこれだ

赤ちゃんアトピーの原因

赤ちゃんのアトピーの原因と言われているのが発育の問題です。内臓はじめとする皮膚や筋肉などの諸機関の成長遅延が乾燥やアレルギー反応を引き起こすのです。

内臓の発育遅延

内臓は受精後4カ月でできるといわれています。
その時に母体にストレスを受けた場合には、その内臓諸機関は弱くなります。
もしその部位が気管であればぜんそく、鼻であれば鼻炎、皮膚であればアトピーなど器質的に弱さを持って生まれます。

内臓の発育と赤ちゃん

出生時の体重がそれぞれ違うのと同じで、発育の速度はここの特性があります。ですので、母乳の期間や離乳省への切り替え時期は一様ではありません。
それを半年たったからと言って無理やり変えてしまうと口元を始め肌荒れがでます。
それは内臓がまだ未熟なため消化不良を起こしてしまっているのです。そのため未消化な食べ物が胃腸へ負担をかけるだけでなく、腸管から体内へ入り、抗体反応を引き起こします。

 

本当は、消化されて利用されるべき栄養素もが、未消化なために、アレルギー反応を起こしてしまうのです。

早い離乳食は肌荒れの元

消化とは私たちの体内へ入れる大きさに分解する工程です。そして、吸収されたものは、私たちの体で活用できる大きさであり、肝臓などで勝利されたのちに利用されます。
しかし、腸管へ負担がかかり間違って体内に入った場合、これらは異物とみなされ体内の免疫応答が起こります。
この遺物に対して排除する働きがアレルギー反応というものです。

皮膚の成長が遅い

アトピー赤ちゃんの皮膚

私たちの体は発育とともに大きく成長していきます。
それは、筋骨格の長さや太さだけでなく、それを覆う皮膚も同じです。
しかし、そのスピードが極端に早い場合には追いつかない時もあります。
それぞれの組織の発育スピードは異なります。
わたしたちの皮膚も発育のスピードに追いつかない時があります。例えば、妊娠線もその一つです。
急なダイエットでは皮膚がたるんでしまいます。
赤ちゃんの場合には発育のスピードは著しいです。その時には皮膚が追いつかない場合には網タイツを引き延ばしたような構造になります。
つまり、肌の潤いをとどめるのが難しく、乾燥しやすくなるのです。
発育のスピードによるものですので、このスピードが落ち着いてきたときに不意に収まります。
その背景には発育のスピードと皮膚の適応という関係があったのです。

筋肉の弱さ

赤ちゃんアトピーにはある程度決まった部位にです、

例えば首回り。それは発育の段階でも負担がかかりやすい部位です。
丁度首が座り何とか重たい頭を支えようとしている時にも起こります。
筋肉の緊張が高くなるとその部に滞りが起きます。
痒みとは角氷を促したいという体のサインです。この反応は首と就く弱い部位に多く見られます。

成長過程によるバランス

人の成長は大きく分けて2回急速に加速する時期があるといわれています。
これを成長期といいます。第一次成長期では幼稚園くらいです。
中学から高校生までに怒る、特に生殖器を中心とした発育の時期を第二次成長期といいます。
これらの時期以外にも産後から2歳までにかけても同様に急速に成長します。
1次と2次に対してこの時期を0次成長期とします。
急速な成長により筋骨格を始めとする見た目が変わります
しかし、細胞の生まれ変わるスピードは、すべての組織において一様ではありません。
つまり、筋骨格の発育に対して時には皮膚の成長が遅れます。
このような経過を経て、乾燥肌になります。
丁度、網タイツを引き延ばしたような隙間だらけを想像してみてください。
2歳以降から乾燥肌などが落ち着くのはこういった背景があるのです。