首を痒がる赤ちゃんの原因

首を痒がる赤ちゃんの原因

首を痒がる赤ちゃんはその部位に負担がかかっているか、弱いのでかゆみが起きています。首を痒がる原因は使い方であったり寝方などの姿勢の影響も受けています。

赤ちゃんのアトピーは発育遅延の部位に起こる

赤ちゃんの発育は個人差があります。特に首が座ってから立上がるまでの過程は顕著に違いが出ます。

赤ちゃんに限らず、首という言葉の着くところは比較的弱い部位です。手首、足首、首などには負担がかかりやすくなっています。そのような筋肉や関節の部位には血流の滞りが起きやすく、痒みや赤みを引き起こしやすい部分になります。

他にも、内臓の弱い部位にはアトピーに限らず症状が出やすくなっています。皮膚は内臓の鏡とも言われています。お腹が赤くなったり発疹は出た場合には胃腸の負担を疑うことも必要になります。便が緩かったり、あるいは便秘気味だったり皮膚症状以外の体の変化も同時に起こることが多く見られます。

赤みやかゆみ以外の症状

アトピー性皮膚炎はアレルギー症状の1つです。

しかし、赤みやかゆみに関していえば、アレルギー以外の場合でも起こります。

また、赤みやかゆみが出る以前に別の症状が出ていることも見逃してはいけません。

例えばむくみもその症状の1つです。普段よりもシワが見えにくいなどいつもとの違いに早く気付けると、赤みやかゆみなどの強い症状が出る前に防ぐことが出来るのです。
いつも同じということはまずもってありません。そのような目線で常にお子様を観察されると、見えてくるものがあります。

赤ちゃんアトピーの改善写真

乳幼児を始めとする子供の状態は変化が激しいです。

いつも通りと思っていた体の状態が、いつの間にか急変スツことも珍しくはありません。

そして、いつも通りと思い込んでしまい、見逃してしまうことさえあるのです。そこで、日頃から写真などで記録に残すことをお勧めします。改善の状態が写真を見ることで継時的に観察することが出来ます。