自律神経2

整体で自律神経を整える3つの方法

自分と自分を取り巻く環境を変えることで自律神経をとおtの得ることが出来ます。この中で自分の状態を整える方法の1つとして「整体」があります。

整体は字のごとく体を整えることです。損な整体が何をどうしているのかを解説していきます。

体のめぐりをよくする

めぐりを良くしてアトピー改善

私たち人間の体は血液を始めとする様々なものが巡っている状態が正常です。血液やリンパ液だけでなく思考などの目に見えないものもその1つです。

食べたものが血液となり栄養素やホルモンなどを細胞へ運びます。そして不要なものを血液などを介して排泄していきます。血液は目に見える栄養素以外にも人間の感情なども運んでいると言われています。東洋医学では感情は内臓からおこるとも言われています。

血液も臓器の1つとしてとらえられています。輸血をしたときや臓器移植をすると人の感情や人格なども受け取った人が感じ取れてしまうのは有名な話しです。

このように私たちの体には様痤生なものが巡っています。そのめぐりが滞るとかゆみなどの症状を引き起こします。また、これらのめぐりを制御しているのが自律神経でもあります。

整体ではこれらのめぐりを内臓や筋肉さらには頭蓋骨を介して脳へアプローチすることで滞りをなくしてめぐらせています。

内臓の機能をよくする

内臓と自律神経

食べたものが精神や体を作っています。その消化吸収をするのが内臓です。内臓にも血液が流れており、血液があるおかげで内臓は機能できます。

整体では内臓の「位置」や「形」を整えることで、消化吸収しやすい状態にします。血液の流れる道を作り、血液を押し出すポンプ機能を正常にします。また、うっ血してめぐりが滞っている場所のめぐりを解消したりすることで体は良くなっていきます。

東洋医学では感情は内臓からおこるといわれています。例えば思い悩むと胃に負担がかかります。日本人に猫背が多いのは、海に囲まれた島国、そしてストレスによって胃に負担が借りやすいからとも言われています。

自律神経のバランスを整える

自律神経の調整

自律神経は脳からでは根です。その働きは自分や自分を取り巻く環境に適応するように自動で反応するシステムです。ですので、刺激に対して過剰に反応したり、できなかったりすると体はバランスを崩して症状を引き起こします。

頭蓋骨を介して脳を調節することでこの感度を正常に戻します。