自律神経4原因

アトピーは自律神経の影響を受ける

自律神経失調とアレルギー

アトピー性皮膚炎はアレルギー症状の1つです。

アレルギー症状とは、免疫機能が過剰に働いたために起こるとされています。この免疫とは体にとって異物が侵入しないために働く機能です。花粉症なども免疫異常と言われて、普段は反応しない物質にも過剰に反応してしまうために起こります。

このような免疫反応は自律神経の影響を受けています。自律神経の特に副交感神経が優位に働いた時に、免疫機能の影響を受けやすくなります。ですので、自律神経のバランスを保つことがアレルギー症状を良くすることにつながっていくのです。

自律神経が乱れてしまう原因

自律神経を乱す原因

自律神経は体の中と外の環境を自動的に整えるシステムです。このシステムは刺激を受けてその刺激に反応するように作用します。しかし、この刺激が過剰であったり、作用の仕方に不具合をきたすと乱れてしまいます。