疲労の溜まり方

疲労がたまるのには段階がある

疲労の蓄積

急に疲労がたまることはありません。

体は働いた分だけ動けるように調節しようとします。

動かなければ動いた分だけしかなくなります。

筋トレも、練習した動きや質に応じて効果を発揮します。

動かなければ筋力は必要なだけ残ります。

疲労がたまるのには内臓の処理能力以上に疲労するからです。

疲労を蓄積しないためにはいくつか条件があります。

循環が悪くなる

体の6割は液体成分です。

液体は和まりの環境に対して敏感に反応する媒体です。

体の環境を整えていれば澄んだきれい状態です。

体に負担がかかるほど、よどんだドロドロした状態になります。

内臓が疲労する

体液がどろどろしたままでは体は機能しなくなります。

内臓がよどんだ体液をきれいに浄化します。

しかし、過度に負担をかけすぎると浄化しきれないどころか

内臓にも負担をかけすぎてしまい機能の低下を招きます。体液がどろどろしたままでは体は機能しなくなります。

内臓がよどんだ体液をきれいに浄化します。

しかし、過度に負担をかけすぎると浄化しきれないどころか

内臓にも負担をかけすぎてしまい機能の低下を招きます。

排泄できなくなる

疲労してよどんだ体液は浄化されて排泄されます。

下水と同じで浄化作用の低下は排泄する効率も下げてしまいます。

排泄できなく体内に蓄積した不要なものは

毒素となり体に付着します。

毒素は徐々に体をむしばんでいきます。