ステロイドの使い方

ステロイドの効用

副腎皮質ホルモンはもともと私たちは持っているものです。

それには2種類あります。薬はこの特徴を生かして生成されますが

長期使用すると自らホルモンを生成する能力が衰えてしまいます。

そうすると、炎症反応など急な変化に対応できなくなってしまいます。

ステロイドを使うべきとき

ステロイドを悪という方もいますが、時には薬は必要になります。

しかし、それだけに頼ってしまうことが問題です。

一時的な対処として使い、体質改善も同時に図る必要があります。

薬も一種の刺激です。その刺激の応答で体は変化します。

なので使いづ付けると耐性と言って反応が鈍くなり、ついには期価格なっていきます。

副腎疲労に効くツボ

アトピーの炎症には副腎ホルモンが活躍します。

しかし、一時の対処で済めばよいのですが、長期間続くと体は疲弊していきます。

風邪をひいたときと同じです。体は弱まるので、それをカバーするために力みが生じます。

背中の硬さ噛み癖などいろんなところの力が抜けにくくなります。

そんなところをほぐすと良くなることもあります。