手指の痒みの原因

肌荒れの3つの原因

  • 手のかぶれ
  • アレルゲンによる湿疹
  • それ以外の湿疹

手の湿疹は炎症によるものであればステロイドを塗るだけでよくなります。この炎症が何によって起こったのかが大切です。

主婦湿疹のように洗剤で皮脂が落ちて刺激が加わり続けるのであれば、水仕事を控えるかゴム手袋をして行うことでよくなります。また、あせものように汗ぽうのようなものも同じです。

しかし、炎症を起こす原因が助教できていないといつまでも同じ症状を繰り返してしまうのです。

これらを見分けるには3つのポイントがあります。1つは直接的なかぶれはあるのか?2つ目はアレルゲンに触れていないか。3つ目は体に中や自分の体に問題があるケースです。これらについてご説明していきます。

手のかぶれ

シラカバなどのように直接触れることで肌に刺激が加わりかぶれることがあります。このようなかぶれの場合は、境界明瞭という特徴があります。見た目で判断できますので、かゆみを感じたときにその部分を見てみましょう。

アレルゲンによる湿疹

アレルゲンによる湿疹

アレルゲンとは自分にとって過敏に反応してしまうものです。これらのアレルゲンによって症状を起こすのをアレルギーと言います。

カビや動物の毛などがアレルゲンであればくしゃみや鼻水のほか、じんましんなどの症状を起こすことがあります。

このアレルゲンを見極めるには、どんなときに症状が起こるのかを振り返ってみることです。いつも決まったときに起こるのであれば、症状を引き起こしている引き金があります。

それを知るためにも一度アレルギー検査を受けておくことをお勧めいたします。

それ以外の湿疹

直接的なかぶれもない、アレルゲンにも触れていなければ自分自身の体に問題があります。

まずは何が影響して症状が起きているかを知ることが大切です。もしかしたら菌の感染で起きているものかもしれません。その場合は抗生物質などの薬で対処することの方が早いからです。

このように原因を見極めることを鑑別診断と言います。まずはここからがスタートです。