秋から冬にかけての症状

秋のかゆみ対策

秋から冬は乾燥と低気圧

秋の秋雨にかけて低気圧になります。アレルギー症状が起こりやすい気候でもあります。その時は、呼吸器や循環器にお負担掛かります。頭皮や胸回り、足のむくみなどの症状に伴いかゆみが出ます。冬にかけては乾燥が目立ちます。乾燥すると体が冷えやすくなり、そのためにかゆみが関節や顔まわりに出やすいです。体力の落ちやすいこの時期にフケが出始めたら要注意です。そのフケは、頭皮ではなく、カビ菌かもしれません。体力の低下、腸内環境の悪化で見られる癜風という症状です。