口角炎にオススメの再発予防ケア

善玉菌の摂取

善玉菌を摂取することで、腸内環境がよくなります。大切なのは、腸内環境がよくなった変化をしっかりと観察できることです。腸内環境が悪い場合には、ガスが出やすい、お腹が張りやすい、お通じの出が悪いなどあります。善玉菌を摂取してこれらが変化すれば、自分自身にあう菌を取り込めたと判断できます。

ビタミンサプリの摂取

サプリメントについても同じことが言えます。しかし、ただ摂取すればいいというわけではありません。栄養素の必要量には個人差があります。また、ビタミンB群はストレスがかかっても消耗します。ですので、必要十分に補うことができたら、不足することで起きる症状の変化が起こります。

例えばB1であれば、糖質代謝、エネルギー生成、神経伝達などの役割があります。不足することで、集中力の低下、短期記憶障害など起こると言われています。このようなことが減れば、必要なだけ十分賄うことができたと判断できます。もちろん、その時には、口角炎の症状もよくなっていきます。

口腔マッサージ

栄養素の補給以外には、避けにくい皮膚にすることです。口周りを動かす、やわらくすることも有効です。変顔、口のマッサージなどが直接的ですが、うがいやよく噛んで食事するなども同じように口周りの皮膚を柔らかくします。特に冬では、風邪の予防として、うがいをしっかりすることでも同じように乾燥を防ぐことができます。

断食(ファスティング)の有効性

カンジダ菌などが多い場合は、抗真菌薬の外用だけでなく、腸内環境の改善も必要になるケースもあります。しかし、内服で急にカンジダ菌を除菌しようとすると、ダイオフといって、カンジダ菌が抱える毒素が蔓延してしまい虚脱症状になることもあります。安全に菌を除去するには、カンジダ菌の栄養供給を断つことも有効です。それが断食です。