花粉症の種類や時期

  • 春に飛散する花粉
  • 夏から秋

春に飛散する花粉

スギ<主な飛散時期:2月~4月>
ヒノキ<主な飛散時期:2月~5月>
ハンノキ<主な飛散時期:1月~5月>
シラカンバ<主な飛散時期:4月~6月>
北海道・沖縄にはスギがほとんど生息していないため、スギ花粉症も見られません。
スギ花粉の飛散量は、夏の気温によって変わります。日照時間が長く気温が高い夏には、花粉の元となる雄花が大量に作られるため、翌春の飛散量が多くなります。
ヒノキはスギ花粉に似たアレルギー物質を持ち、スギ花粉症が終わりかけた頃に飛散するため、アレルギー症状を悪化させる場合があります。
スギ花粉は秋から冬にかけて作られますが、作られる時に少しだけもれだして、飛散することがあるのです。

夏から秋

カモガヤ・オオアワガエリ(イネ科)<主な飛散時期:5月~9月>
ブタクサ(キク科)<主な飛散時期:8月~9月>
ヨモギ(キク科)<主な飛散時期:8~10月>
カナムグラ(アサ科)<主な飛散時期:8月~10月>