チョコレートの起源

チョコレートは「薬」だった

元々は「薬」だったチョコレート
甘いお菓子であるチョコレートは、元々はカカオ豆をすりつぶした飲み物で「薬」だったのです。
チョコレートの起源を辿るとなんと4000年以上も前、紀元前の古代文明のころまで遡ることになります。
古代アステカ人やマヤ人たちの生活を記した記録書によると、当時チョコレートは薬として珍重され原料のカカオ豆には貨幣としての価値もあったと言われています。
チョコレートが伝えられた16世紀頃のヨーロッパでも「薬」として利用されていた記録が残っています。
そのチョコレートの効用は、100以上も記されていたと言われています(主に滋養強壮、疲労回復、長寿などの効用が伝えられていたようです)
 
当時のチョコレートはミルクもお砂糖も全く入っていない苦い飲み物でした。

甘くなったのは最近

のちに固形のチョコレートが作られたのは19世紀以降のことです。

1876年にスイスで砂糖やミルクを加えた甘いミルクチョコレートが開発され、更にアメリカで板チョコの代名詞とも言われる「ハーシーバー」が製造されて一般的なチョコレートとして浸透したのは1900年に入ってからです。