チョコレートに含まれている栄養

  • ポリフェノール
  • テオブロミン
  • リグニン
  • ブドウ糖
  • 食物繊維
  • ビタミン・ミネラル類

ポリフェノール

ポリフェノールは植物に含まれている渋味や苦味、色素の成分のことで、老化の原因ともなる活性酸素を除去する抗酸化作用がある
カカオのポリフェノールは特にコレステロールの酸化を防いで動脈硬化などの生活習慣病の予防に効果的

テオブロミン

大脳を刺激して集中力や記憶力、思考力を高め、気力をUP
カフェインと同様の覚醒効果がありますが、カフェインよりも緩やかに作用

ブドウ糖

脳にとって最も効率の良い栄養であり、脳の神経伝達物質アセチルコリン生成の手助けもします。
気分を落ち着け安定させるセロトニン分泌作用

食物繊維(リグニン)

板チョコ1枚には約2gもの食物繊維が含まれています。
チョコレートには食物繊維であるリグニンが含まれており、これは腸のぜん動運動を活発にする