チョコレート気をつけるべき人

  • ダイエットをしたい人
  • 喘息の薬を使用している人
  • アレルギー反応がある人
  • うつやメンタルに不安がある

上記に該当する方は、過剰なチョコレートの摂取は控える方が良いです。その理由は、含まれている栄養素や抱えている体質に影響するからです。

それでは、1つずつ解説させていただきます。

ダイエットをしたい人

カカオ以外が多く含まれているチョコは、カロリーも高いので、ダイエットをしたい方は要注意です。

喘息の薬を使用している人

テオブロミンの気管支拡張、利尿作用、興奮作用
→感受性の高い人は要注意
キサンチン誘導体のテオフィリンは喘息や気管支炎の治療に使用される

アレルギー反応がある人

カドミウム
ニッケル(金属アレルギー)
→高カカオは通常のチョコの4倍
残留農薬やカビ毒の一種であるアフラトキシン

銅の過剰摂取

ノルアドレナリンは集中力を高める
多すぎると、不安などのが強くなりうつ状態になりやすい