冷え性の原因

一般的な冷え性の原因

  • 遺伝
  • 疾病病態の1つ
  • 生活習慣

一般的な冷え性の原因は、「遺伝」、「疾病の病態のひとつ」、「生活習慣」など幾つかの要因が複合していると考えられています。

特に、この中でも生活習慣の乱れは大きく影響します。

朝食抜き不規則な生活リズム偏食がその駄票例です。

朝食抜きをすることで、内臓の働きの低下や食事誘導性の発熱が起きにくくなります。また、朝食を抜くことで、アドレナリンが分泌されて体が緊張しやすくなる傾向もあります。

次に不規則な生活リズムです。これは、睡眠不足や運動不足が挙げられます。睡眠不足では自律神経が乱れます。運動不足では、筋力の低下や血行不良なども起こります。

最後に偏食です。これは、副食が無く炭水化物主体の食事、動物性タンパク質の不足、ビタミンの不足が挙げられます。例えば、エネルギーを生成する道具微量栄養素が不足することで、熱酸性がうまくいきません。

このような生活習慣の乱れが体全体のバランスを崩して冷えやすい、もしくは温まりにくい体質を創り上げているのです。

その他の冷え性の原因

  • 交感神経の過緊張
  • 姿勢不良による血行障害
  • 肉体疲労による血流障害

大きく分けると3つあります。1つは自律神経が乱れることでの冷え性があります。

自律神経の1つである「交感神経」は血管の収縮と関連しています。この交感神経が緊張するときは、ストレスや炎症によることが多いです。

2つ目は、姿勢不良による血行障害です。体の中の太い血管が圧迫させることで冷え性が起こります。太い血管は、足であれば、鼠径部、腕であれ頸部の圧迫が多いです。太い血管が通る道の筋肉が硬くなることで、このようなことが起こります。

3つ目は肉体疲労による血流障害です。体がむくんだり、代謝が落ちてしまい起こります。