冷え性対策

一般的な冷え性対策

  • 食品を摂取
  • 暖房器具
  • 38~40度くらいの入浴

一般的な対策は、体の外から温かいものをいれたり、外部から温めることが多いです。食品であれば、根や野菜や鶏肉など体を温める作用のあるものが勧められています。

また、ゆたんぽやソックスなどで保温や加温を目的として使われることもあります。この場合は、時期によって湿度も考慮すると良いです。由布の時期は乾燥もあるので、湿度を落とさない湯たんぽがお勧めです。

最後に入浴です。血行不良があれば、熱すぎない温度でゆっくり入ることが良いです。これは自律神経を整える効果もあってとても良いです。

上記のケアをすることで、冷え性の多くに効果があります。しかし、それでもまだ冷える場合は、自律神経そのものを整えるケアがお勧めです。