炎症はどこからきたのか?

炎症が起きる要素はいくつかあります。アレルギー反応物理的な刺激鬱血(うっけつ)など皮膚以外にも炎症が起きる原因はあります。
  • アレルギー反応
  • 物理的な刺激
  • 鬱血で炎症が起きる

アレルギー反応

皮膚の炎症に季節性があれば、花粉やハウスダスト、カビなどの季節に準じたアレルゲンの摂取や接触を考えます。交差性抗原や空調、衣類などアレルゲンの発生源や環境を見直すことで、炎症が起きる程度を軽減できます。

物理的な刺激

これは、痒みを感じてかいてしまう、衣類の摩擦など外部からの刺激です。皮膚の皮が気になって剥がしてしまうのもこの1つです。皮膚は体を守るものです。それを剥いてしまうことで、皮膚は過敏な状態になり、痛みや痒みなどを感じやすくなります。

鬱血で炎症が起きる

わかりやすく言えば血液のむくみです。鬱血性皮膚炎という病態もあります。静脈瘤では、この鬱血性皮膚炎のために、乾燥や潰瘍(かいよう)ができることさえあります。血液のめぐりが悪い部分では、乾燥や炎症が起こりやすいのです。