アトピー症状別に食事を意識する

アトピー症状別に食事を意識する

それぞれアトピーと言われる時に起こる症状です。しかし、一般的には保湿をすることが第一とされています。
アトピーの基本病態はアレルギー性皮膚炎なので、アレルゲンの摂取や接触を避けることが一番です。
次に、どんな症状が起きているかに応じて、食事の傾向を変えていきます。
  • 炎症
  • 痒み
  • 落屑・乾燥
  • 浸出液
炎症の場合は、アレルゲンの摂取や接触を避ける。それに加えて抗炎症の栄養素の補給が有効です。
かゆみには、ヒスタミンやその分泌を促す食材や栄養素を避けます
乾燥肌落屑の場合は、水分補給や皮膚の元になるたんぱく質の摂取と油など摂取も必要です。
浸出液は、皮膚に傷があります。その傷の修復のためにたんぱく質をメインとする材料やビタミンやミネラルなどの道具となる栄養素を補給します。