食事で炎症の対策は抗炎症

食事で炎症の対策は抗炎症

  • 炎症の元を避ける
  • 炎症を沈静化する栄養素をとる

食事で炎症を改善するには2つあります。

1つは炎症を起こす食事を避けることです。もう1つは起きてしまった炎症を最小限に止めることです。

炎症の元を避ける

  • 刺激が強いもの
  • アレルゲン
  • カビを含むもの
  • 水銀を含むもの

炎症を引き起こすものは、様々あります。アトピーでは、まずいつも食べている傾向を調べます。その上でアレルゲンの除去体で影響しやすいものを避けることです。次に起きてしまった炎症を沈静化するものをよく摂るようにします。

炎症を沈静化する栄養素をとる

  • クルクミン
  • グルタミン
  • オメガ3の油
  • ケルセチン

抗酸化や抗炎症の効果がある栄養素や食材です。大切なのは偏って取りすぎないことです。

クルクミンはウコンやカレー粉に含まれています。グルタミンは旨み成分で、ボーンブロスなど骨からダシをとったスープで補給できます。オメガ3系の油はフィッシュオイルのサプリなどがあります。ケルセチンはブルーベリーなどに含有されているフラボノイドで抗酸化の効果があります。