コリン作動性蕁麻疹とは(1)

コリン作動性蕁麻疹とは

コリン作動性蕁麻疹は、運動、入浴、精神的緊張などなんらかの発汗刺激により出現する蕁麻疹のことです。
この蕁麻疹は、いわゆる冷や汗でも出現し、体温上昇は伴わないことがあります。
主な病態は、汗腺を支配する交換神経伝達物質であるアセチルコリンに対する一種の過敏症とされています。

コリン作動性蕁麻疹の特徴

コリン作動性蕁麻疹の特徴

コリン作動性蕁麻疹の特徴は以下のような特徴があります。
例えば、発汗負荷により誘発が有名です。
他にも、かゆみ以外にチクチクした刺激痛みが出ることが多いとされています。
また、灼熱感を伴うことが多く、皮疹は、手掌、足底、腋窩以外のほぼ全身に出現し、体幹がいちばんの好発部位とされています。