コリン作動性蕁麻疹とは(2)

コリン作動性蕁麻疹のメカニズム

コリン作動性蕁麻疹のメカニズム

汗腺を支配する交換神経伝達物質であるアセチルコリンに対する一種の過敏症。

皮膚の中で漏れ出た汗がアセチルコリンを誘発し、皮膚の肥満細胞を刺激してヒスタミンが出ます。これによって膨疹ができるのです。

コリン性蕁麻疹に遺伝性はありません。

病因として, ピロカルピンなどのコリン作動性物質の皮内投与により膨疹が誘発されることから, コリン作動性神経からのコリン様物質が関与していると考えられている.

コリン作動性蕁麻疹の随伴症状

コリン作動性蕁麻疹の随伴症状

腹痛, , 頭痛などを伴う場合も存在する。
難治性では、血管性浮腫、気管支喘息、めまい、腹痛、吐き気、アナフィラキシーを伴うことがある。

 

コリン作動性蕁麻疹の病因

コリン作動性蕁麻疹の病因

  • 汗腺が詰まる
  • ヒスタミン
  • コリン作動性物質
  • 汗アレルギー
  • 血清因子
  • 乏汗症

研究:浜松大学皮膚科の戸倉教授

汗腺のムスカリン性のアセチルコリン受容体の発現がコリン作動生蕁麻疹では減少している。
→発汗時に汗腺周囲にアセチルコリンが出てもレセプターが減少しているので汗腺から汗が出ることができなくなって、余ったアセチルコリンが肥満細胞に結合して蕁麻疹を出している。
受容体の減少は不明

研究:広島大学の秀教授 

汗抗減の精製。
汗公園がマラセチアの位置成分に対する高原であろう
マラセチア:真菌の一部で、常在菌。
汗を大量にかくと、マラセチア菌が増殖し、それが汗の中に抽出されて、汗アレルギーを出すのではないか。