コリン作動性蕁麻疹とは(6)

コリン作動性蕁麻疹の予防法

発汗刺激の回避が基本となります。
抗ヒスタミン薬の内服で効果があれば、ヒスタミンの摂取やアレルゲンの接触を避けます。
自然経過により軽減することが多いとされています。
自己発汗成分に対する1型アレルギーと言う見解もあります。
のどが腫れたり血圧が下がったりしなければ、運動や入浴で積極的に汗をかいて慣れていく。

ヒスタミン対策

ヒスタミンが多いことで、蕁麻疹も起こりやすくなります。

ですので、アレルゲンの摂取や接触をまずは避けます。そしてヒスタミンを含む食材や分泌を促す食べ物は避けることも必要になります。

さらに、過緊張になることでヒスタミンの分泌が促されやすくなります。普段の緊張状態を解消することが、予防に繋がっていきます。