蕁麻疹のかゆみの原因はヒスタミン過剰(0)

蕁麻疹はヒスタミンが多いことで起こる

蕁麻疹は、丘疹と言われるボコッと盛り上がった湿疹が起こります。その丘疹は、ヒスタミンによって引き起こされることが多いです。
ヒスタミンは血液中では様々な物質を集める作用があります。そのため、集まったところが赤くなり、盛り上がるのです。本来は、血管の内部の修復などのために起こりますが、過剰にヒスタミンが働くことで、必要以上に血液などが集まり赤く、腫れてしまうのです。そのような見た目が丘疹となって現れています。
それでは、どんな理由でヒスタミンが多くなるのでしょうか?ヒスタミンが多くなるには3つの理由があります。