蕁麻疹のかゆみの原因はヒスタミン過剰(3)

蕁麻疹の原因は、ヒスタミンの過剰によることが多いです。その一つの食事の問題をお伝えしました。そのほかには、体の過緊張もあります。
過度な緊張は、交感神経が優位となり、感覚が過敏になりやすいです。緊張することでヒスタミンも分泌されやすくなります。
  • 血管内皮細胞への刺激
  • ヒスタミンの分泌
体が緊張することで、血管が細くなります。血管が急激に拡張するときに、血管の内皮細胞が刺激を受けて、ヒスタミンが分泌されます。その変化が急であれば、蕁麻疹のような症状が起こりやすくなります。このような体の状態によっても蕁麻疹は誘発されてしまいます。
蕁麻疹の主な原因は食事や緊張ということが理解できたかと思います。それでは、食事の変化と緊張の緩和が蕁麻疹の対処となってきます。次は、その具体的な方穂について解説していきます。